電力自由化って何?メリットやデメリットを詳しく解説!

電力会社
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

2016年4月に電力自由化がスタートしました。

電力自由化って聞いたことはあるけど、よくわかんないという方も多いのではないかしら?

そこで今回は「電力自由化って何?」という点から、メリットやデメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

電力自由化って何?

電力自由化とは、今まで独占されていた「電力の販売」への企業参入が自由化されて、消費者も自分で電力会社を選べるようになった制度です。

電力自由化の目的

ではなぜ電力の自由化を行ったのでしょうか?その目的は大きく分けて3つあります。

  • 電力の安定的な供給の確保の為
  • 事業者間での競争を促し、電気料金を最大限抑制する為
  • 企業に電気事業というビジネスチャンスを与える為

そもそもこれまでは東京電力や関西電力等の電力会社が地域毎に電力を独占供給してきました。その為、消費者は自分でプランを選ぶことができず、決められた料金で電力を使用するしかなかったのです。

このような背景から上記3点を目的として、電力の販売を自由化することになりました。

要するに個人が好きな電力会社と契約できるようにして、電力会社間での競争を促したいってことだね!

電力の質はどうなる?

結論から申し上げますと、電力の質は大手電力会社でも新規参入した会社でも変わりません。電力自由化で自由になったのは「発電」「小売」だけなので、送配電線自体は大手電力会社によって従来通り供給されます。

その為、品質の心配をする必要はなく自分にあった電力会社を選べるようになりました。

詳しい仕組みは理解しなくてもだ上部!大事なのは電気の質はどの電力会社でも変わらないということ!

電力自由化のメリット

では電力自由化によって利用者にはどんなメリットがあるのでしょうか?電力自由化によるメリットは大きく分けて3つです。

  • 自分にあった料金プランを選べる
  • 電気の管理ができて節約につながる

自分にあった料金プランを選べる

これまでは地域毎の電力会社が提供している料金やプランを受け入れるしかありませんでしたが、電力自由化によって自分のライフスタイルにあった料金プランを選べるようになりました。

自分にあった電力会社を選ぶことで毎月の電気代を安く抑えることができます。よりお得に電力を利用できるようになったことは大きなメリットです。

電気の管理ができて節約につながる

電力自由化に併せて、従来の電気メーターからスマートメーターへの交換が実施されています。スマートメーターは電力の使用量をデジタルで計測する電力メーターです。

スマートメーターは電気利用状況の詳細がわかるので、どの部分を節電すれば電気代を抑えられるか等、電気を管理できます。電気を管理することで節約につながります。

「電力自由化のメリット=電気をお得に利用できる」で覚えておきましょう!

電力自由化のデメリット

一方で、電力自由化にもデメリットがあります。電力自由化によるデメリットは大きく分けて2つです。

  • プランによっては契約期間がある
  • 電気代が急に上がる可能性がある

プランによっては契約期間がある

電力自由化によって、新しくうまれた料金プランの中には契約期間が定められているものもあります。契約期間内に引越し等で電気を解約すると違約金が発生する場合があります。

その為、転勤が多い方等は電気契約時に必ず契約期間を確認しましょう。

電気代が急に上がる可能性がある

電力自由化によって「発電方法」も自由化されました。その為、世の中の動向によって発電コストが高くなってしまう場合があります。発電コストが高くなると、電気代も高くせざるを得ません。

これはあくまで一例ですが、選んだ発電方法やプランによっては電気代が高くなる可能性があることも覚えておきましょう。

いきなり電気代が高くなることはないから安心して!料金値上げの通知がきたら、別の電力会社に切り替えることを検討しましょう!

【2022年完全版】東京電力(関東)エリアでおすすめの電気会社まとめ
【2022年完全版】中部電力(東海)エリアでおすすめの電気会社まとめ
【2022年完全版】関西電力エリアでおすすめの電気会社まとめ

電力見直しの為に代行手配を活用しよう

「電力自由化についてはよくわかった。でも結局どの電力会社を選んだらいいのかわからない。」という方にはらくらくMOVINGの一括代行手配がおすすめです。

30秒で必要事項を入力するだけで、電話で担当コンシェルジュがあなたの状況に合わせたプランを提案します。もちろん完全無料なのでご安心ください!

▷代行手配はこちら!

関連記事

特集記事

TOP