【2024年最新】関西電力エリアで安い電力会社9社!おすすめの契約先をランキング形式で紹介!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

電力自由化によって、自分のライフスタイルにあった電力会社を選択することで、電気代を安く抑えられるようになりました。

今回は2024年現在、関西電力エリア(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県※一部地域を除く、奈良県、和歌山県及び福井県※一部地域を除く、三重県及び岐阜県※一部地域のみ)でおすすめの電力会社を紹介します。今よりも安全かつ安く電気を利用したい、引越し先でおトクに電気を利用したいという方はぜひ参考にしてください。

30秒でわかる!失敗しない電力会社の選び方!

  • 自分の使用量で一番安い電力会社を選ぶのが正解
  • 電力会社毎で電気の質や停電のしやすさは変わらない
  • 大手企業や供給実績が多い電力会社ならさらに安心
  • 初期費用・解約金0円の会社以外は契約しない
  • 市場連動型・独自燃調(一部を除く)の会社とは契約しない

結論:一人暮らし~ファミリー世帯で最もおすすめの電力会社は「オクトパスエナジー」

オクトパスエナジー

総額15,000円の電気代割引キャンペーン中!

オクトパスエナジー公式サイト

関西で契約できる電力会社9社の料金比較

電力会社によって電気の質や使用感は変わりません。その為、自分の電気使用量で最も安くなる電力会社を選ぶことが正しい電力会社の選び方と言えます。

そこで関西電力エリアで選べる電力会社9社の電気料金を電気使用量別で比較しました。電気使用量毎に安い電力会社が異なる為、最も安い電力会社の料金を太赤字にしております。

電気単体の料金比較表

まずは関西電力エリアで電気単体で契約した場合の料金比較表を見てみましょう。

順位電力会社電気料金(月間)関西電力との年間差額
1オクトパスエナジー4,398円2,688円安い
2ENEOSでんき4,431円2,292円安い
3エバーグリーン4,434円2,256円安い
4Pontaでんき4,470円1,824円安い
5idemitsuでんき4,513円1,308円安い
6大阪ガス電気4,533円1,068円安い
7エネワンでんき4,578円528円安い
8関西電力4,622円0円
9Japan電力5,200円6,936円高い
一人暮らしの平均電気使用量:200kwhで算出
燃料費調整額・再エネ賦課金は含まない

こちらの比較表を見てわかる通り、一人暮らしから四人暮らし以上のファミリー世帯においても「オクトパスエナジー」が最も安い電力会社であることがわかりました。

そのため、関西電力エリアで電力会社を探している方はオクトパスエナジーで契約しておけば間違いありません。

ただし、オクトパスエナジーがガスサービスを提供していない為、ガス会社は別で契約する必要があります。関西エリアで最も安いガス会社は「エルピオ都市ガス」なので、オクトパスエナジーで契約したい方はエルピオ都市ガスの契約も併せて検討してみてください。

関連記事:大阪(関西)でおすすめのガス会社TOP5!世帯人数の安さランキングを紹介!【大阪ガスエリア】

オクトパスエナジーについて詳しく知りたい

オクトパスエナジーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

総額15,000円の電気代割引キャンペーン中!

オクトパスエナジー公式サイト

電気・ガスセットの料金比較表

続いて、関西電力エリアで電気・ガスをセットで契約した場合の料金比較を見てみましょう。ガスとセット契約できる電力会社は限られている為、セットプランを提供している会社と「オクトパスエナジー+エルピオ都市ガス」の組み合わせを比較しました。

順位電力・ガス会社電気・ガス料金(月間)大阪ガス・関西電力との年間差額
1エルピオ都市ガス
オクトパスエナジー
8,020円10,284円安い
2関西電力
(なっとくパック)
8,254円7,476円安い
3大阪ガスセット8,616円3,132円安い
4大阪ガス+関西電力8,877円0円
一人暮らしの平均ガス使用量:20㎥/月・電気使用量:200kwh/月で算出
原料費調整額・燃料費調整額・再エネ賦課金は計算に含まない。キャンペーン割引を含む。

関西エリアで電気とガスをセットで契約する場合、最も安くなるのは「エルピオ都市ガス+オクトパスエナジー」の組み合わせであることがわかりました。

電気ガスのセットプランはガス会社と電力会社を別々で契約するよりもお得な印象があるかもしれませんが、関西エリアについては別々の会社で契約する方が結果的に光熱費を抑えることができます。

どうしてもセット契約できる会社がいい方は、関西電力のなっとくパックがおすすめです。大阪ガスのセットプランよりもおトクに電気とガスを利用できます。提供元も関西電力のため、供給面にも安心感があります。

エルピオ都市ガス・オクトパスエナジーについて詳しく知りたい

エルピオ都市ガスとオクトパスエナジーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

ガス料金5,000円割引キャンペーン中!

エルピオ公式サイト

総額15,000円の電気代割引キャンペーン中!

オクトパスエナジー公式サイト

当サイトおすすめ厳選電力会社5選

先程の料金比較を踏まえて当サイトがおすすめする厳選電力会社は「オクトパスエナジー」「エバーグリーン」「idemitsuでんき」「「Pontaでんき」「大阪ガス」の5社です。

これらの5社は料金が安い以外にも提供会社の規模感(安心感)やキャンペーン・ポイント還元等でも契約するメリットがある会社です。それぞれの電力会社の特徴を詳しく見ていきましょう。

オクトパスエナジー

オクトパスエナジー
オクトパスエナジーに申し込むと
年間2,688円~9,984円程度おトク!
総合評価23点/25点(1位)
一人暮らしおすすめ度★★★★★(5点/5点)
二人暮らしおすすめ度★★★★★(5点/5点)
ファミリー世帯おすすめ度★★★★★(5点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★★★☆(4点/5点)
提供会社の規模感★★★★☆(4点/5点)

おすすめポイント

✅電気使用量に関わらず、関西エリア最安値の料金プラン
✅関西電力よりも電気使用量に関わらず電気料金が安い
✅実質再生可能エネルギー100%の電気を供給している
✅東京ガスの子会社で、日本を含む世界8ヵ国で300万件以上の供給実績があるため安心

1社目はオクトパスエナジーです。オクトパスエナジーの最大の魅力は、電気使用量に関わらず関西エリアで最安値の料金プランを提供している点です。関西電力よりも最低料金や電力量料金が大幅に安く設定されていることが最安値の理由です。

また、オクトパスエナジーは複数の料金プランを提供していますが、料金が最も安いのはグリーンオクトパスというプランです。グリーンオクトパスでは再生可能エネルギー100%の電気を供給している為、環境意識の高い方にもおすすめです。

さらにオクトパスエナジーは、東京ガスの子会社で日本を含む世界8ヵ国で300万件以上の供給実績があるので、提供会社の規模感としても申し分ないでしょう。関西エリアで電力会社選びに迷ったら、オクトパスエナジーを選んでおけば間違いありません。

ただし、オクトパスエナジーにはガスとのセットプランがありません。そのため、オクトパスエナジーで契約したい方はガス会社は「エルピオ都市ガス」がおすすめです。エルピオ都市ガスは関西エリアでガス単体で契約する場合は最安値のガス会社です。さらに今ならガス料金の割引キャンペーンも実施しています。

オクトパスエナジーについて詳しく知りたい

オクトパスエナジーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

総額15,000円の電気代割引キャンペーン中!

オクトパスエナジー公式サイト

Pontaでんき

Pontaでんき
Pontaでんきに申し込むと
年間1,812円~1,860円程度おトク!
総合評価18点/25点(2位)
一人暮らしおすすめ度★★★★☆(4点/5点)
二人暮らしおすすめ度★★★☆☆(3点/5点)
ファミリー世帯おすすめ度★★☆☆☆(2点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★★★★(5点/5点)
提供会社の規模感★★★★☆(4点/5点)

おすすめポイント

✅関西電力とほぼ同水準の料金プラン
✅毎月150円分のPontaポイントが貯まる

新規申込で2,000円分のPontaポイントがもらえる
✅auエネルギー&ライフが提供する電気の為、供給面も安心

2社目はPontaでんきです。Pontaでんきの料金プランは関西電力の従量電灯Aとほぼ同水準で設定されています。一見すると電気料金の節約ができないように見えますが、毎月150円分のPontaポイントが貯まります。

Pontaポイントは1ポイント=1円で提携店舗等で使えるため、毎月150円分の節約効果があると言えます。さらに新規申込特典で2,000円分のPontaポイントももらえるので、初年度については3,800円相当の節約効果を確実に実感できます。

また電気の供給会社もauエネルギー&ライフのため、供給面にも安心感があります。

Pontaでんきについてもっと詳しく知りたい

Pontaでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

毎月150Pontaポイントが貯まる!

Pontaでんき公式サイト

エバーグリーン

エバーグリーン
エバーグリーンに申し込むと
年間2,256円~7,812円程度おトク!
総合評価17点/25点(3位)
一人暮らしおすすめ度★★★★☆(4点/5点)
二人暮らしおすすめ度★★★★☆(4点/5点)
ファミリー世帯おすすめ度★★★★☆(4点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★★☆☆(3点/5点)
提供会社の規模感★★★☆☆(3点/5点)

おすすめポイント

✅関西電力よりも電気使用量に関わらず電気料金が安い
✅実質再生可能エネルギー100%の電気を供給している
✅LINEで電気代を確認できる&毎月の電気代が50円割引される

3社目はエバーグリーンです。エバーグリーンも関西電力と比べて、最低料金と電力量料金が安く設定されているため、電気使用量に関わらず電気料金が安くなり、関西エリアでも安さTOP3に入る水準の料金プランとなっています。また、実質再生可能エネルギー100%の電気を使える点も魅力と言えるでしょう。

それ以外にもエバーグリーンをLINEで友達登録することで電気代をLINEで確認できます。さらに紙の料金明細代(110円/月)が請求されなくなり、毎月50円分の電気代割引も付与されるのでエバーグリーンで契約する際はLINE登録も忘れずにすることをおすすめします。

ただし、同じ環境に優しい電気が使えるオクトパスエナジーの下位互換のような料金プランとなっている点は否めません。余程のこだわりがない限りはオクトパスエナジーで契約した方が無難かもしれません。

エバーグリーンについてもっと詳しく知りたい

エバーグリーンは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

LINE登録で電気代割引!

エバーグリーン公式サイト

idemitsuでんき

idemitsuでんき
idemitsuでんきに申し込むと
年間1,308円~7,776円程度おトク!
総合評価16点/25点(4位)
一人暮らしおすすめ度★★☆☆☆(2点/5点)
二人暮らしおすすめ度★★★☆☆(3点/5点)
ファミリー世帯おすすめ度★★★★☆(4点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★★☆☆(3点/5点)
提供会社の規模感★★★★☆(4点/5点)

おすすめポイント

✅関西電力より電力量料金の第2,3段階目が安い
カーオプションで自動車利用者はガソリン代や電気代の割引が適用される

✅出光興産グループが提供している電力サービスの為、供給面も安心

4社目は出光興産グループが提供しているidemitsuでんきです。idemitsuでんきは関西電力よりも電力量料金の第2,3段階目が安く設定されている為、電気使用量が多くなる程電気代が安くなります。逆に電気使用量が少ない場合は、節約効果があまり期待できないので注意しましょう。

他の電力会社との大きな違いは自動車利用者にガソリン代や電気代の割引が適用される点です。具体的には「ガソリンコース」と「EVコース」の2種類があり、ガソリンコースの場合は対象サービスステーションの給油でガソリン(レギュラー・ハイオク)・軽油が2円/ℓ引きされます。EVコースの場合は電気自動車に乗っている方が対象で毎月の電気代が定額で200円引きされます。

そのため、普段からよく自動車を利用する方には非常におすすめの電力会社と言えますが、自動車を利用しない方は他の電力会社の方がおトクになる可能性が高いでしょう。

idemitsuでんきについてもっと詳しく知りたい

idemitsuでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

自動車利用者に特におすすめ!

idemitsuでんき公式サイト

大阪ガス

大阪ガス
大阪ガスの電気に申し込むと
年間1,068円~4,644円程度おトク!
総合評価16点/25点(5位)
一人暮らしおすすめ度★★☆☆☆(2点/5点)
二人暮らしおすすめ度★★☆☆☆(2点/5点)
ファミリー世帯おすすめ度★★★☆☆(3点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★★★☆(4点/5点)
提供会社の規模感★★★★★(5点/5点)

おすすめポイント

✅関西電力より電気使用量に関わらず電気料金が安い(ベースプランA,A-G)
✅ライフスタイルに合わせた全13種類の料金プランを選べる

✅ガスとセット契約すると電気・ガスの料金単価が割引される
✅地域最大手のガス会社の為、供給面の安心感も抜群

5社目は大阪ガス電気です。大阪ガスは関西エリア最大手のガス会社の為、契約先としての安心感がNo1です。

大阪ガス電気のスタンダードメニューである「ベースプランA」「ベースプランA-G」であれば、関西電力よりも最低料金と電力量料金の2,3段階目が安く設定されているので電気使用量に関わらず電気代が安くなります。

また電気とガスをセットで契約するとガス・電気の料金単価が割引される為、光熱費を抑えられます。ただし、関西電力のセットプランと比べると割高になる点は注意しましょう。

大阪ガス電気で契約する最大のメリットはライフスタイルに合わせた全13種類の料金プランを選択できる点です。中には「Amazonプライムの年会費が無料になる」「ABEMATVのプレミアム料金が無料になる」といったユニークな料金プランも存在します。詳しくはこちらの記事で紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

参考記事:大阪ガスの電気の評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

大阪ガス電気についてもっと詳しく知りたい

大阪ガス電気はWEB完結の申込が可能です。(24時間受付可能)

全13種類のプランを選べる!

大阪ガス公式サイト

オール電化物件におすすめの電力会社【HTBエナジー】

オール電化物件に住んでいる方はオール電化向けの料金プランを提供している電力会社で契約しないと損をしてしまう可能性があります。新電力会社でオール電化向けの料金プランを提供している会社は少ないですが、関西電力エリアでおすすめのオール電化プランを提供している会社はHTBエナジーの「ぜんぶでんき」プランです。

HTBエナジーのぜんぶでんきプランであれば、関西電力のオール電化プラン「はぴeタイムR」よりも電気料金を安く抑えられます。

関西電力とHTBエナジーの料金比較

関西電力とHTBエナジーのオール電化プランの料金表を比較してみました。

HTBエナジー関西電力
基本料金最初の10kWまで1契約あたり2,068.00円
(14%割引
2,409.40円
10kW超え1kW1kWあたり394.00円
(5%割引)
416.94円
電力量料金デイタイム
(昼間時間)
夏季(7/1~9/30)27.22円
(6%割引)
28.87円
その他季(10/1~6/30)24.75円
(6%割引)
26.24円
リビングタイム
(生活時間)
21.52円
(6%割引)
22.80円
ナイトタイム
(夜間時間)
14.29円
(7%割引)
15.37円
割引オール電化割引無し電気代の5%
※平日 デイタイム:10時~17時 / リビングタイム:7時~10時・17時~23時 / ナイトタイム:23時~翌朝7時
※休日 デイタイム:なし/リビングタイム:7~23時/ナイトタイム:23時~翌朝7時

料金単価を比較するとHTBエナジーの方が基本料金・電力量料金のどちらもが関西電力よりも安いことがわかります。関西電力はオール電化割引で電気代から5%の割引がありますが、HTBエナジーの料金単価が関西電力よりも5%以上安く設定されている為、電気使用量に関わらず電気料金が安くなります。

さらにHTBエナジーのぜんぶでんきプランに申し込むとかけつけサービス「あんしんサポート365」が無料で付帯されます。日常生活で起きたトラブルを気軽に相談できるかつ、簡単な作業であれば無料で対応してくれる非常に便利なサービスです。他の電力会社で同様のかけつけサービスを付帯してもらう場合は月額500~1000円程度かかる為、無料で付帯されるのはうれしいポイントです。

HTBエナジーについて詳しく知りたい

HTBエナジーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

オール電化プランがおすすめ!

HTBエナジー公式サイト

節電意識が高い方におすすめの電力会社【Looopでんき】

節電意識が高い方におすすめの電力会社は「Looopでんき」です。Looopでんきは市場連動型の料金プランを提供している電力会社で、30分毎に変動する電気の市場価格を元に料金単価が算定される為、他の電力会社より安いのか高いのかを導き出すことが難しいです。

ではなぜ節電意識が高い方におすすめできる電力会社なのでしょうか?

ピークシフトを行うことで電気料金を最小限に抑えられる

電気の市場価格が高い時間帯ではなく安い時間帯に家電を使う等、電気を使う時間帯をずらす「ピークシフト」を行うことで電気料金を最小限に抑えられます。ピークシフトの良い点は電気の使用量を減らす必要がない、つまり節電をしなくても電気料金が安くなる点です。

基本的には夜間に電気の需要が高まり、市場価格が高くなる傾向があります。その為、夜間は家電の使用を極力控え、昼間に家電を使用するようにしましょう。

他の電力会社では昼間に家電を使うように意識しても電気料金が安くなることはありません。Looopでんきの料金プランは少し意識を変えるだけで大きな節約効果を見込める為、節電意識の高い方におすすめです。

電気料金の高騰リスクに注意

Looopでんきの料金プランは市場連動型の料金プランです。そもそもの電気の市場価格が高騰してしまうと、ピークシフトを行っても電気料金は高くなります。

Looopでんきは料金単価をアプリや専用サイトでリアルタイムで確認できるようになっていますが、市場価格の高騰に気付いて電力会社を切り替えたいと思っても最低1~2ヵ月はかかります。その為、一度電気料金が高騰してしまうと高額な電気料金を1,2回は支払う必要があるということです。

Looopでんきに申し込む際はこのようなリスクがあることを認識した上で申し込むようにしましょう。

Looopでんきについて詳しく知りたい

Looopでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

節電意識の高い方におすすめ!

Looopでんき公式サイト

関西で電力会社を選ぶ際に注意すべきポイント

関西電力エリアで電力会社を選ぶ際に注意すべきポイントは3つあります。電力会社の選び方を間違えると損をする可能性があるので注意しましょう。

①自分の電気使用量で一番安い会社を選ぶ

電力会社が変わっても電気の質や使用感は変わりません。その為、基本的には自分の電気使用量で一番安くなる電力会社と契約すれば問題ありません

まずは自分の月間電気使用量を検針票等で確認してから、この記事で紹介している比較表を参考に電力会社を選びましょう。

②初期費用・解約金0円の会社を選ぶ

基本的には初期費用・解約金が0円の電力会社が多いですが、一部の電力会社では初期費用や解約金がかかる場合があります。

自分の契約している電力会社が値上げを発表した場合に初期費用を支払ってしまっていたり、解約金がかかると気軽に電力会社の切替ができなくなります。そのようなリスクを予め潰しておくためにも初期費用や解約金がかかる電力会社を選ばないようにしましょう。

③大手企業や供給実績が多い電力会社を選ぶ

大手企業と中小企業の間で電気の質や使用感が変わることはありませんが、できる限り大手企業や供給実績が多い電力会社で契約するようにしましょう。

理由は中小企業の場合、経営が安定していない可能性があり、倒産リスクや料金値上げリスクが高まるからです。大手企業や供給実績が多い電力会社であってもリスクがないわけではありませんが、中小企業と比較してどちらが安心できるかは言うまでもありません。

また大手企業や実績のある会社の方がお客様サポートが充実している場合が多く、料金面以外でもメリットがあります。

電力会社を切り替える際のよくある質問

最後に電力会社を乗り換える際のよくある質問を紹介します。

関西電力から電力会社を乗り換えても大丈夫なの?

今までずっと関西電力を利用していた方からすると新電力会社に乗り換えることを不安に思う気持ちはわかります。ただ結論から言うと乗り換えても全く問題ありません。

電気の質は関西電力と変わりません

まず電気の質は新電力に切り替えても関西電力と変わることはありません。新電力の多くは関西電力が利用しているのと同じ発電所で作られた電気を利用しています。また新電力は再生可能エネルギーを積極的に取り入れていますが、発電方法が変わったからといって電気の使用感が変わるということはありません。

関西電力より停電しやすくなることもありません

新電力会社は関西電力と同じ送電網を利用して家庭に電気を供給しています。確かに電線や電柱などでトラブルがあれば停電が起きることはありますが、それは新電力だけでなく関西電力でも同様に停電がおきます。つまり新電力だから停電しやすくなるというわけではありません。

電力会社を乗り換える際に必要なことってある?

電力自由化によって、電力会社を自分で選べるようになりました。電力会社を乗り換えるのは全員に等しく与えられている権利です。その為、支払滞納等でブラックリストに載っていない限りは、基本的に乗り換えに必要な条件はないので安心してください。

ただ電力会社を乗り換える為に必要な情報として「契約中の電力会社の名称」「供給地点特定番号」「お客様(契約者)番号」を準備しておくとスムーズに申込手続きができます。

電力会社を乗り換えるデメリットはゼロ!安心して乗り換えてね♪

関連記事

特集記事

TOP