【電気代見直し】電力会社を切り替えるだけで年間10,000円も節約できるって本当?

電力会社
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

電力自由化に伴い、自分のライフスタイルに合わせた電力会社を選べるようになりました。しかし電力会社を切り替えることで電気代を安くできることはわかるけど、実際どのくらい安くなるかわからず「今のままでいいや」と思っている方も多いのではないでしょうか?

結論から申し上げますと、電力会社を切り替えるだけで年間10,000円も電気代を節約できるようになった家庭があります。年間10,000円も節約できるなら電力会社を切り替えてもいいかも!とほとんどの方が思ったはずです。

電力会社は切り替えないと損する世の中になってきているわよ!

そこで今回は10,000円も節約できた家庭の例とどうやって電力会社を見直せばいいのかということを紹介します。電力会社の切り替えを検討している方はぜひ参考にしてください。

1年間で10,000円の電気代を節約できるって本当?

1年間で11,040円の電気代を節約できた家庭の話

電気代を値上げする大手電力会社

まずは1年間で10,000円も電気代を節約できた家庭について詳しく紹介します。

こちらの家庭では東京電力で月間約12,300円の電気代を支払っていました。この金額は総務省の家計調査によると3~4人暮らし世帯の平均的な電気代とほぼ同金額です。

ところがこちらの家庭でENEOSでんきに電力会社を切り替えたところ、全く同じ電気使用量にも関わらず、月間の電気代が約11,380円になったのです。つまり月間920円も電気代が安くなったのです。この金額を単純計算で12倍すると年間11,040円の節約ということになります。

なぜ電力会社を切り替えるだけで電気代を節約できるの?

理想の家賃

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなる理由はシンプルです。料金プランが違うからです。

従来からの地域電力会社の料金プランと比較して、電力自由化によって参入してきた新電力会社の料金プランは地域電力会社の料金プランよりも格安に設定されていることがほとんどです。新電力会社の料金プランは様々で使用量が少ないと地域電力会社よりも高く、使用量が多いと地域電力会社より安くなるといった特殊な料金プランも存在します。

電力会社を見直す方法

次に電力会社を見直す方法をみていきましょう。

自分の電気使用量を把握する

まずは自分の電気使用量を把握することが重要です。新電力会社の料金プランは「使用量が少なくても安くなるプラン」「使用量が多くなれば多くなる程安くなるプラン」といったように特徴があります。

自分のライフスタイルに合わない料金プランで契約してしまうと逆に電気代が高くなってしまう可能性も0ではありません。

自分の電気使用量は毎月の検針票やマイページ等で簡単に確認できます。

料金プランを比較する

電気とガスをセットにするか悩む女性

自分の電気使用量を把握したら、次は料金プランを比較しましょう。

もちろん自分で様々な新電力会社をピックアップして料金表を元に計算してもいいですが、相当な労力が必要となります。また新電力会社はかなり多く、東京電力エリアだけでも約50~60社の電力会社があります。その中で自分にあった電力会社、料金プランを探し出すのは至難の業ですよね。

そこでおすすめしたいのがエネチェンジの料金比較シミュレーターを利用する方法です。郵便番号や自分の電気代・使用量を入力するだけで数10社の料金プランをまとめて比較することができます。

会員登録も必要ありませんし、もちろん無料で利用できるのでぜひ活用してみてください。下記ボタンより料金比較ページに飛べます。

電気代シミュレーションを使って電力会社を比較する【エネチェンジ】

国内最大級の電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけでぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。お得なキャンペーンを実施している電力会社も多いので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

特集記事

TOP