東京ガス・電気の解約手続き完全ガイド!解約金や解約前に確認すべき注意点について詳しく解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

今回は東京ガスの解約手続きについて解説します。引っ越しや契約切替等で東京ガスを解約したい方はぜひ参考にしてください。

30秒でわかる解約手続きの基礎知識

  • 同一住所の契約切替の場合は解約手続きは不要
  • 異なる住所への引越しの場合は解約手続きが必要
    →引越し先住所で新しい電力会社の新規申込が必要
  • 引越し先でも東京ガスで契約する場合は解約と新規手続きが同時に可能

解約手続きはこちら

東京ガス公式サイト

東京ガス・電気を解約する前に確認すべきこと

東京ガス・電気を解約する際は、契約内容や解約に必要な情報をあらかじめ確認しておくと手続きが円滑に進みます。ここで紹介する情報を解約手続きをはじめる前に必ず確認しておきましょう。

契約期間の縛り・解約金の有無

東京ガスが提供しているガス・電気サービスは契約期間に関わらず解約金が無料です。

東京ガスのFAQでは一部のサービスで解約金がかかる場合がある旨の記載がありますが、一般的な家庭が契約する東京ガスのサービスで解約金がかかることはないので安心してください。

事前に準備しておく情報

東京ガスを解約する際に必要な情報は、現在の契約状況によって異なります。下記表で事前に準備しておく情報をまとめました。

ガスのみ・電気ガスセット電気のみ
お客様番号×
使用停止希望日
訪問希望時間帯×

東京ガスのガスを解約する場合は必ずお客様番号が必要となります。お客様番号は検針票の右上に書かれている4桁-3桁-4桁の番号です。お客様番号は検針票の他にも、料金の払込書・契約書面・マイページで確認できます。

さらに、ガスの解約では作業員が使用停止作業を行う必要がある為、使用停止希望日と訪問希望時間帯を指定する必要があります。物件設備によっては立ち会いが必要になることがある為、自分が在宅している日程を選びましょう。

電気単体の契約を解約する場合には使用停止希望日の指定が必要ですが、お客様番号や訪問希望時間帯は不要です。

解約手続きは利用停止希望日の前日までに行う

東京ガスの解約はWebもしくは電話で手続きが可能です。

Webで解約手続きをする場合、最短でガスは翌日、電気は翌々日の使用停止手続きが可能です。ガスは閉栓作業を行うまで使用できますが、電気は使用停止希望日の前日23時までしか使用できない点に注意しましょう。

もしも上記期日よりも前に使用停止手続きをしたい場合は電話で手続きをしましょう。しかし、ガスの使用停止には訪問作業が必要になる為、自分の希望が必ず受理されるわけではありません。

その為、東京ガスの解約手続きは余裕をもって使用停止希望日の前日(電気は2日前)までに行うようにしましょう。

東京ガス・電気の解約方法

東京ガス・電気の解約は基本的にWebからの手続きが便利です。ただし、契約内容や解約理由によってはWebでの手続きができない場合があるので注意が必要です。

また、セット契約からどちらか片方のみを解約する場合、既存の契約の割引が適用されなくなります。手続きの前には解約後の料金についても検討するようにしましょう。

同一住所で他の電力・ガス会社に契約を切り替える場合

同一住所で切り替えのために東京ガス・電気を解約する場合は切り替え先の会社が解約手続きを行います。その為、契約者本人が解約手続きをする必要はありません。

下記で契約切替時の流れを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

STEP
マイページや契約書面で現在の契約状況を確認する
  • 契約者の基本情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス)
  • お客様番号
  • 供給地点特定番号

上記情報が契約切替の際に必要となる為、事前に確認しておきましょう。

STEP
切り替え先の電力会社・ガス会社を探す

契約を切り替えたい電力会社・ガス会社を探しましょう。既に切り替え先を決めている方はSTEP2は飛ばしていただいて構いません。まだ切り替え先の会社が決まっていない方は下記記事を参考にしてください。

東京電力より電気代が安い電力会社はどこ?おすすめ契約先を世帯人数別ランキングで紹介!

東京(関東)でおすすめのガス会社は?世帯人数別で安さランキングを紹介!【東京ガスエリア】

STEP
切り替え先の電力会社・ガス会社で申込手続きをする

切り替え先の電力会社・ガス会社が決まったら、各会社HPから申込手続きをしましょう。申し込み手続きが完了すると、切り替え先の電力・ガス会社が東京ガス・電気の解約手続きと自社の申込手続きを同時に行ってくれます。

その為、新しい会社への申込手続きが完了したら東京ガス・電気の解約手続きも完了です。契約切替には1~2ヵ月程度かかる為、後は気長に契約が切り替わるのを待ちましょう。

現在とは異なる住所に引越しする場合

引越しなどの理由で旧居での東京ガスの契約を解約したい場合は、自分で解約手続きをする必要があります。しかし、東京ガスは現在の契約状況によって手続き方法が異なります。

解約手続き方法
電気・ガスセット契約Webサイトまたは電話
ガス単体契約Webサイトまたは電話
電気単体契約電話のみ

電話で解約手続きする方法

電話での解約手続きは東京ガスのお客様センターで受け付けています。電話が繋がったらオペレーターの指示に従って必要な情報を伝えるだけで解約手続きが完了します。

ただし、時期や時間帯によっては電話が繋がりにくい場合があるので注意しましょう。特に東京ガスの電気を単体で契約している方は電話でしか解約手続きができません。電話が繋がりにくい可能性を考え、最低でも使用停止希望日の1週間前には東京ガスのお客様センターに電話をしましょう。

東京ガスお客様センター

電話番号:03-6838-9001
営業時間:月~土 9~19時 日祝日 9~17時

Webサイトで解約手続きする方法

Webサイトでの解約手続きの流れは下記の通りです。

STEP
公式サイトの専用フォームにアクセスする

まずは東京ガスの公式サイトの解約手続きフォームにアクセスしましょう。

こちらのリンクをクリックすると解約手続きフォームにアクセスできます。

STEP
ぺージの案内に沿って必要項目を入力する

専用フォームの先頭ページは退去と入居手続きの二つに項目が分かれています。退去の項目では解約手続きをしたい項目を選択し、新居でも東京ガスのサービスを利用する予定の方は入居の項目で利用したいサービスを選択しましょう。新居で東京ガスのサービスを利用しない予定の方は「なし」を選択しましょう。

次ページ以降では住所、使用停止希望日、ガスの閉栓作業希望時間帯等の解約に必要な情報を記載していきます。

STEP
申し込み内容を確認して手続きを完了させる

必要事項を入力したら申し込み内容を再度確認して手続きを完了させましょう。

ガスの閉栓作業には当日の立ち会いが必要になる場合もあります。指定可能な時間帯は下記の通りですが、申し込み状況によっては希望の時間帯に予約できないこともあるので注意しましょう。

訪問時間帯
9:00-12:00
13:00-15:00
15:00-17:00
17:00-19:00(日曜日、祝日を除く)

東京ガス・電気の解約でよくある質問

最後に東京ガスのサービスを解約する際によくある質問を厳選して紹介します。ここに記載がない質問については東京ガスの公式サイトを確認しましょう。それでも問題が解決しない場合はお客様センターに電話で確認してください。

東京ガスのお客様センターの電話番号は?

電話番号:03-6838-9001
営業時間:月~土 9~19時 日祝日 9~17時

お客様番号・供給地点特定番号の確認方法は?

毎月の検針票・請求書に記載されています。またmyTOKYOGASに登録している方であればそちらでも確認が可能です。

上記のどちらでも対応ができない場合は東京ガスお客様センターに直接問い合わせることで確認が可能です。

解約月の料金はどうなりますか?

東京ガス・電気を解約する際、前回の検針日から利用停止日までの日数が29日以内の場合であれば、基本料金が日割り計算になります。その為、解約月に払う料金の計算式は下記表の通りとなります。

使用停止希望日料金計算式
前回検針日から29日以内基本料金÷30日×使用日数+単位料金×ガス使用量
前回検針日から29日以降基本料金+単位料金×ガス使用量

また支払い方法は契約時に利用していた方法になるので、払込書で支払いをする場合は解約申し込み時に引越し先の住所を請求先に記載しておきましょう。

解約手続きした内容を変更または取り消すことはできますか?

Webで解約手続きをした方であれば、東京ガス・電気は解約申し込み後であっても公式サイトの専用ページから変更や取り消しが可能です。専用ページでは解約申し込み後に届くお申込み完了メールに記載されている10桁の受付番号が必要になるので、予め確認しておいてください。

ただし、予定変更や取り消しは手続き内容によって期限があり、指定されている期限を過ぎてしまうとWebからの変更ができなくなります。その場合は東京ガスのお客様センターに直接電話で相談しましょう。

ガスの使用停止作業に立ち会いできない場合はどうすればいいですか?

ガスの使用停止作業を行う際、必ずしも契約者本人の立会いが必要というわけではありません。基本的にガスメーターの設置場所まで係員が一人で行ける場合には立会いは不要とされています。逆にオートロック式マンション等で、係員が一人でガスメーターの設置場所まで立ち入ることのできない建物の場合は立ち会いが必要となります。

どうしても当日の立会いが難しい場合、管理人や大家に代理で立ち会ってもらえないか相談してみましょう。代理人が立会いする場合は解約申し込みフォームに立会い者の名前と電話番号を記載する必要があります。その為、ガスの使用停止立ち会いを代理人にお願いする際は事前に当日立会いの了承を得ておきましょう。

関連記事

特集記事

TOP