Japan電力解約手続き完全ガイド!解約金や解約前に確認すべき注意点について詳しく解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

今回はJapan電力の解約手続きについて解説します。引っ越しや契約切替等でJapan電力を解約したい方はぜひ参考にしてください。

30秒でわかる解約手続きの基礎知識

  • 同一住所の契約切替の場合は解約手続きは不要
  • 異なる住所への引越しの場合は解約手続きが必要
    →引越し先住所で新しい電力会社の新規申込が必要
  • 引越し先でもJapan電力で契約する場合は解約と新規手続きが同時に可能
  • 供給開始月から12カ月目の末日までに解約する場合は解約金がかかる点に注意

解約手続きはこちら

Japan電力公式サイト

Japan電力を解約する前に確認すべきこと

Japan電力の解約手続きを円滑に進める為に、まずは下記のことを確認しておきましょう。

契約期間の縛り・解約金の有無

Japan電力は契約期間内に解約する場合に解約金が発生します。契約期間は供給開始日が属する月から起算して12カ月目の末日までです。契約期間内に解約する場合は解約金として3,000円(不課税)がかかります。
参考例:2023/6/5に供給開始した場合の契約期間は2023/6/5~2024/6/30となります。

こちらの契約期間は1年毎の自動更新となっていますが、2年目以降は契約期間内に解約しても解約金がかかりません。その為、1年間以上Japan電力で契約している方であれば、いつ解約しても解約金がかからないのでご安心ください。

事前に準備しておく情報

Japan電力を解約する前に準備しておく情報は「同一住所で契約を切り替えることによる解約」「異なる住所に引越すことによる解約」によって異なります。解約理由に合わせて事前に情報を確認しておきましょう。

同一住所で契約を切り替えることによる解約

同一住所で契約を切り替える場合に必要な情報は下記の通りです。

  • 契約者の基本情報(契約名義・住所・電話番号・メールアドレス等)
  • お客様番号・契約番号
  • 供給地点特定番号

上記情報は基本的に毎月届く請求書や検針票で確認可能です。またJapan電力のお客様専用ページにログインすることでも確認できます。上記どちらでも確認ができない場合は問い合わせフォームからJapan電力に問い合わせしましょう。

また契約を切り替える際は新しい電力会社を先に選んでおく必要があります。まだ切り替え先を決めていない方は下記記事を参考に切り替え先の電力会社を決めておきましょう。

関東の電力会社安さランキング
中部の電力会社安さランキング
関西の電力会社安さランキング
※他エリアのランキング記事は当ブログのトップページより確認できます。

異なる住所に引越すことによる解約

異なる住所に引越すことによる解約で必要な情報は下記の通りです。

  • 契約者の基本情報(契約名義・住所・電話番号・メールアドレス等)
  • お客様番号・契約番号
  • 電気の使用停止希望日(〇月〇日〇時まで使用)
  • 引越し先の新しい住所

上2つの情報は毎月届く請求書や検針票・お客様専用ページで確認可能です。いずれでも確認できない場合は問い合わせフォームからJapan電力に問い合わせしましょう。

また引越し先の新しい住所はJapan電力からの送付書類が発生した場合の送付先となります。引越し先でJapan電力と契約する予定がない方でも必ず確認しておきましょう。

上記情報を事前に準備しておくことで解約手続きがスムーズに進みます。

Japan電力の解約方法

Japan電力の解約手続きは電話窓口がない為、Web以外ではできません。また解約には「契約切り替え」「引越し」の2パターンがあります。それぞれのパターンで解約方法が異なる為、自分に該当するパターンの解約方法を確認してください。

同一住所で他の電力会社に契約を切り替える場合

同一住所でJapan電力から他の電力会社に契約を切り替える場合、切り替え先の電力会社がJapan電力の解約手続きを行う為、契約者はJapan電力で解約手続きをする必要がありません。

下記で契約切り替えの流れを解説します。

STEP
Japan電力のお客様専用ページや検針票で契約状況を確認する
  • 契約者の基本情報(契約名義・住所・電話番号・メールアドレス等)
  • お客様番号・契約番号
  • 供給地点特定番号

上記情報が契約切り替えの際には必要となる為、事前に確認しておきましょう。

STEP
切り替え先の電力会社を探す

契約を切り替える先の電力会社を探しましょう。既に切り替え先を決めている方はSTEP2を飛ばしていただいて構いません。まだ切り替え先が決まっていない方は下記記事を参考に切り替え先を探してみましょう。

関東の電力会社安さランキング
中部の電力会社安さランキング
関西の電力会社安さランキング
※他エリアのランキング記事は当ブログのトップページより確認できます。

STEP
切り替え先の電力会社で申込手続きをする

切り替え先の電力会社が決まったら、切り替え先の公式ホームページから切り替え申込手続きをしましょう。申込手続きが完了すると、切り替え先の電力会社がJapan電力の解約手続きと自社の申込手続きを同時に行ってくれます。

その為、申込手続きが完了したらJapan電力の解約手続きも完了です。ただし、契約切り替えには1~2ヵ月程度かかる為、気長に契約が切り替わるのを待ちましょう。

現在とは異なる住所に引越しする場合

現在とは異なる住所に引越しする為、Japan電力を解約する場合は、Japan電力ホームページの「お問い合わせフォーム」から自分で手続きをする必要があります。

下記でJapan電力の解約方法の流れを解説します。

STEP
Japan電力の公式ホームページにアクセスする

まずはWebで「Japan電力」と検索して公式ホームページにアクセスしましょう。その後、下記流れでページを遷移させてください。

「お問い合わせ」→「個人の方はこちら」→STEP2へ

STEP
問い合わせフォームで解約希望の旨や必要情報を入力する

問い合わせフォームに沿って必要情報を入力しましょう。

引越し等による解約連絡の場合「お問い合わせ内容」の項目に「解約希望の旨」「退去日時」「引越し後の連絡先住所」を入力することで解約手続きがスムーズに進みます。また新居でもJapan電力で契約する予定の方はその旨も記載しておきましょう。

これでJapan電力の解約手続きは完了です。

STEP
新居の電力会社に申込手続きをする

STEP2でJapan電力の解約手続きが完了したら、新居の電力会社で申込手続きをしましょう。新居の電力会社が既に決まっている方は公式ホームページからWebまたは電話で申込手続きをしてください。

まだ新居の電力会社が決まっていない方は当サイトで紹介している記事を参考に電力会社を探してみてください。

Japan電力の解約でよくある質問

最後にJapan電力を解約する際によくある質問を厳選して紹介します。ここに記載がない質問についてはJapan電力の公式サイトを確認しましょう。それでも問題が解決しない場合は問い合わせフォームから直接確認してください。

解約金はかかりますか?

供給開始日が属する月から起算して12カ月目の末日までに解約する場合、契約解除料として3,000円(不課税)がかかります。しかし、供給開始日が属する月から起算して12カ月目の末日以降は自動で更新されますが、解約金(契約解除料)はかかりません。

ただし、Japan電力が事業継続不可能になる等、契約者の責任に帰す理由がない解約の場合は契約期間内であっても解約金がかかりません。

Japan電力に電話で問い合わせできますか?

Japan電力には電話の問い合わせ窓口がありません。Japan電力に問い合わせしたい場合は問い合わせフォームから連絡する必要があります。

問い合わせフォームはこちら

解約後、最後の料金支払いはどうなりますか?

解約日までに利用していた電気使用量に応じた電気代が請求されます。基本料金が0円の為、日割り計算等はありません。

また契約時に支払方法として登録していたクレジットカードや口座振替によって料金は支払われます。解約したからといって支払いに使っていたクレジットカードや口座を解約しないように注意しましょう。

関連記事

特集記事

TOP