富士山エナジーの評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

富士山エナジーはエネルギー総合会社の「オブリック株式会社」が電気小売会社として立ち上げた新電力会社です。

富士山エナジーは供給エリアが東京電力エリアのみとなっており、利用者の口コミも少ない為、「今の電気料金より安くなるのかな?」「契約しても安心できる電力会社かな?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は富士山エナジーの料金プラン・メリットやデメリットを解説した上で、利用者の評判や口コミについて調査した結果を紹介します。富士山エナジーの契約を検討している方はぜひ参考にしてください。

※2023年4月現在、富士山エナジーは燃料費調整額に上限設定のある数少ない電力会社の1つです!

富士山エナジーの基本情報

提供会社富士山エナジー株式会社
供給エリア東京電力エリア(離島は除く)
契約期間・解約金契約期間:なし
解約金:なし
支払方法クレジットカード・口座振替
セット割引LPガスとのセット割あり
市場連動型プラン市場連動型プランではない

富士山エナジーの料金プラン

富士山エナジーが提供している電気料金プランは「従量料金Bプラン」「従量料金Cプラン」「低圧電力プラン」「高圧電力プラン」の4プランです。

その中でも今回は一般家庭向けの料金プランである「従量料金Bプラン」について詳しく解説します。

東京電力との料金表比較

従量料金Bプランは東京電力エリアのみが供給エリアの料金プランです。基本料金が東京電力より3%安く設定されており、電力量料金も東京電力よりもわずかに安く設定されています。その為、電気使用量に関わらず富士山エナジーの方が東京電力よりも電気料金が安くなることがわかります。

下記表でそれぞれの料金表を比較しました。

東京電力富士山エナジー
基本料金10A295.24円277.42円
15A442.86円416.13円
20A590.48円554.84円
30A885.72円832.27円
40A1,180.96円1,109.69円
50A1,476.20円1,387.12円
60A1,771.44円1,664.54円
電力量料金~120kwh19.91円19.88円
121~300kwh26.51円26.48円
301kwh~30.60円30.57円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。

富士山エナジーは燃料費調整額の上限設定がある!

燃料費調整額とは電気の市場価格を電気料金に反映した金額です。ほとんどの新電力会社は燃料費調整額の上限設定がない為、電気料金が高騰するリスクがあります。

関連記事:【知らないと損】燃料費調整額は電力会社によって違う?知らないままだと高額な電気代を請求されます!

しかし富士山エナジーは燃料費調整額の上限設定がある為、電気の市場価格が高騰した場合であっても電気料金が一定料金以上になることがありません。

東京電力の規制料金プラン(従量電灯B)にも燃料費調整額に上限設定がありますが、富士山エナジーの方が料金単価が安い為、富士山エナジーに切り替えることで確実に電気料金を安くできます。

富士山エナジーについてもっと詳しく知りたい

富士山エナジー公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

燃料費調整額に上限設定あり!

富士山エナジー公式サイト

富士山エナジーのメリット・デメリット

次に富士山エナジーのメリットとデメリットを紹介します。

富士山エナジーのメリット

・LPガスとのセット割がある
・新規契約でQUOカード2,000円分がもらえる
・燃料費調整額に上限設定がある

LPガスとのセット割がある

富士山エナジーにはLPガスとのセット割があります。オブリックのLPガスを新規契約することでセットプランの対象となり、ガスの基本料金が3ヶ月無料になります。

ただし、そもそも都市ガス物件の方はセットプランの対象外ですし、LPガス物件でもマンション等の集合住宅に住んでいる方は物件が指定するLPガス会社で契約する必要があります。その為、対象者が限定的である点は注意しましょう。

新規契約でQUOカード2,000円分がもらえる

富士山エナジーは新規契約でQUOカード2,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。特典を受け取る上で、難しい条件がない点もうれしいポイントです。

こちらのキャンペーンは予告なく終了する場合があるので、富士山エナジーの契約を検討している方ははやめの申込をおすすめします。

燃料費調整額に上限設定がある

電気の市場価格が高騰している現在、燃料費調整額に上限設定がある点が富士山エナジーで契約する最大のメリットです。多くの新電力会社が燃料費調整額の上限設定を撤廃している中、富士山エナジーは上限設定を据え置きにしている為、電気料金の高騰リスクがありません。

料金単価は他の新電力会社と比較すると割高な水準にはなりますが、電気の市場価格が高騰している状況下ではトータルの電気料金で富士山エナジーの方が安くなる可能性が高いです。

富士山エナジーのデメリット

続いて富士山エナジーで契約するデメリットを紹介します。

・供給エリアが東京電力エリアのみ
・料金プランが特別安いわけではない
・口コミ・評判が全く見つからない

供給エリアが東京電力エリアのみ

富士山エナジーの供給エリアは東京電力エリアのみとなっており、他のエリアではそもそも契約ができません。

燃料費調整額の上限設定があることから、他エリアでも多くの申込希望者が殺到することが推測されますが、供給エリアが拡大されることを待つしかない状況です。

料金プランが特別安いわけではない

富士山エナジーの料金プランは他の新電力会社と比べると割高の水準です。その為、電気の市場価格が落ち着いて燃料費調整額が上限を越えなくなってからも富士山エナジーで契約していると、電気料金が割高になります。

電気の市場価格が落ち着いてきたら、他の新電力会社への切替をおすすめします。

口コミ・評判が全く見つからない

富士山エナジーは供給エリアが限定的ですし、大規模なプロモーションも行っていないので、契約者が少ないと考えられます。その為、口コミや評判、ネット記事が非常に少ないです。

実際に契約している方の口コミは契約する上での決め手になりやすいので口コミや評判がないことをデメリットとして紹介します。

富士山エナジーについてもっと詳しく知りたい

富士山エナジー公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

燃料費調整額に上限設定あり!

富士山エナジー公式サイト

富士山エナジーの評判・口コミ

ここではSNSで見つかった富士山エナジーに関する評判や口コミを紹介します。ただし、先程もデメリットとして紹介した通り、富士山エナジーの口コミはほとんど見つかりませんでした。

富士山エナジーの良い評判

富士山エナジーのいい評判は見つかりませんでした。

富士山エナジーの悪い評判

https://twitter.com/SayoriShanah/status/1595704047197376512?s=20

富士山エナジーの口コミの少なさを象徴するようなコメントです。この方と同じように電力会社を検討するにあたり、口コミや評判を検索される方も多いでしょう。富士山エナジーの契約者が増えれば口コミは必然的に増えていくはずですので、企業がプロモーションに力を入れてくれるのを待つしかない状況です。

富士山エナジーはこんな方におすすめ

最後に富士山エナジーでの契約をおすすめする方を紹介します。

✅燃料費調整額に上限設定がある会社で契約したい方

富士山エナジーは燃料費調整額に上限設定がある数少ない電力会社です。東京電力エリアで燃料費調整額の上限設定がある新電力会社は富士山エナジーと下町でんきの2社しかありません。

関連記事:下町でんきの評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

上限設定が撤廃されない限り、電気の市場価格がどれだけ高騰しても上限金額以上に電気料金を請求されることはないので安心して電気を利用できます。

逆に電気の市場価格が落ち着いてきた場合は他の新電力会社の方が安くなる可能性が高いので、切り替えをおすすめします。

この記事を読んで、富士山エナジーがいいなと思った方はぜひ公式サイトから詳細を確認してみてくださいね。

富士山エナジーについてもっと詳しく知りたい

富士山エナジー公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

燃料費調整額に上限設定あり!

富士山エナジー公式サイト

関連記事

特集記事

TOP