エレノ電気の評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

エレノ電気はBroad WiMAXなどのプロバイダサービスで有名なリンクライフが提供している電力サービスです。エレノ電気は大手電力会社よりも基本料金が10%安いということで注目を集めています。

そんなエレノ電気ですが、「興味はあるけど、よく知らないから契約するのは不安」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はエレノ電気の料金プラン・メリット・デメリットを解説した上で、契約者の評判や口コミ、どんな方におすすめできる電力会社なのかを紹介します。エレノ電気の契約を検討している方はぜひ参考にしてください。

エレノ電気の基本情報

提供会社株式会社Link Life
供給エリア全国(沖縄・離島・一部地域を除く)
契約期間・解約金契約期間の縛り:有
解約金:有
※詳細は後述します
支払方法クレジットカード
セット割引電気とガスの契約でセット割引:無
市場連動型プラン独自燃料費調整制度あり

エレノ電気の料金プラン

エレノ電気の料金プランは一般家庭向けの従量電灯プランと、業務用向けの低圧電力プランの2種類があります。一般家庭で契約する可能性があるのは従量電灯プランのみなので、今回は低圧電力プランの紹介は割愛します。

地域の大手電力会社との料金比較

まずはエレノ電気の料金プランと地域の東京電力等、各地域の大手電力会社の従量電灯プランを比較しました。自分に該当する地域の料金表をご確認ください。

エレノ電気と大手電力会社を比較すると、基本料金がエレノ電気の方が10%安く設定されています。電力量料金単価は大手電力会社と全く同じ価格で設定されている為、基本料金の分だけお得な電力会社と言えます。

燃調費調整額の計算方法の違いに注意!

料金表を見ると、関西・中部・九州エリア以外の電力量料金単価が10円前後安く設定されていますが、燃料費調整額の計算方法が異なる為、実際の請求金額に大きな違いはありません。

電気の市場価格が落ち着いている局面では、基本料金が割安な分だけお得な電力会社と言えます。一方で、電気の市場価格が高騰している局面では、独自燃料費調整制度を採用している為、大手電力会社よりも割高になる可能性があります。

北海道エリア
エレノ電気北海道電力
基本料金1契約:10A毎に306.90円374円
電力量料金~120kwh23.97円35.44円
121~280kwh30.26円41.73円
281kwh~33.98円45.45円
東北エリア
エレノ電気東北電力
基本料金1契約:10A毎に297.00円369.60円
電力量料金~120kwh18.58円29.71円
121~300kwh25.33円36.46円
301kwh~29.28円40.41円
関東エリア
エレノ電気東京電力
基本料金1契約:10A毎に257.40円295.24円
電力量料金~120kwh19.88円30.00円
121~300kwh26.48円36.60円
301kwh~30.57円40.69円
中部エリア
エレノ電気中部電力
基本料金1契約:10A毎に257.40円297円
電力量料金~120kwh21.04円21.33円
121~300kwh25.51円25.80円
301kwh~28.46円28.75円
北陸エリア
エレノ電気北陸電力
基本料金1契約:10A毎に217.80円302.50円
電力量料金~120kwh17.84円30.83円
121~300kwh21.73円34.72円
301kwh~23.44円36.43円
関西エリア
エレノ電気関西電力
最低料金最初の15kwhまで306.90円433.41円
電力量料金16~120kwh20.31円20.31円
121~300kwh25.71円25.71円
301kwh~28.70円28.70円
中国エリア
エレノ電気中国電力
最低料金最初の15kwhまで303.18円712.67円
電力量料金16~120kwh20.76円32.83円
121~300kwh27.44円39.51円
301kwh~29.56円41.63円
四国エリア
エレノ電気四国電力
最低料金最初の11kwhまで370.26円667.00円
電力量料金12~120kwh20.37円30.66円
121~300kwh26.99円37.28円
301kwh~30.50円40.79円
九州エリア
エレノ電気九州電力
基本料金1契約:10A毎に267.30円316.24円
電力量料金~120kwh17.46円18.28円
121~300kwh23.06円23.88円
301kwh~26.06円26.88円

独自燃料費調整制度に注意!

エレノ電気は独自燃料費調整制度を採用しており、他の電力会社とは燃料費調整額の算出方法が異なります。エレノ電気は電気代をJEPXから仕入れている為、JEPXで取引されている電気の市場価格に連動した調達電源調整費という独自の費用がかかります。調達電源調整費とは電気の調達にかかった費用を一部契約者に負担してもらうものです。

その為、電気の市場価格が高騰している局面においては大手電力会社よりも実際の請求額が高くなる可能性があるので注意しましょう。毎月の調達電源調整費はエレノ電気の公式サイトから確認できるので、気になる方はチェックしてみてください。

エレノ電気のメリット・デメリット

次にエレノ電気を選ぶメリット・デメリットについて紹介します。

エレノ電気のメリット

✅大手電力会社よりも基本料金が10%安い
✅夜間でも電話で問い合わせ可能
✅マイページで電気使用量を確認できる

大手電力会社よりも基本料金が10%安い

エレノ電気は各地域の大手電力会社よりも基本料金が10%安く設定されています。電力量料金は大手電力会社と同額で設定されている為、電気使用量に関わらず、基本料金割引分の電気料金を節約できます。

ただし、先程も説明しましたが、独自燃料費調整制度を採用している為、電気の市場価格が高騰した局面では実際の請求額が大手電力会社よりも高くなる可能性があるので注意しましょう。

夜間でも電話で問い合わせ可能

エレノ電気は電話でのお問い合わせ窓口を設置しています。窓口は年末年始を除いて月曜から土曜まで開いており、営業時間は10:00~19:00となっています。その為、日中は仕事で電話を掛けられないという人も、仕事終わりや休日に問い合わせしやすい電力会社です。

また、メールで問い合わせもできるので電話が苦手な方であっても安心です。

マイページで電気使用量を確認できる

エレノ電気は電気サービスを契約すると公式サイトの画面から会員専用のマイページへアクセスできるようになります。マイページでは毎月の請求額や契約内容を確認できるだけでなく電気の使用量もチェック可能なので、電気使用量を確認しながら節電対策に取り組めるのも魅力的なポイントと言えるでしょう。

エレノ電気のデメリット

✅支払方法がクレジットカードのみ
✅解約時に違約金がかかる
✅電気料金の高騰リスクが高い

支払方法がクレジットカードのみ

エレノ電気は選択できる支払方法がクレジットカードのみです。その為、クレジットカードを持っていない人はそもそも契約ができません。

口座振替やコンビニ払いを利用したい人にとってはデメリットと言えるでしょう。

解約時に違約金がかかる

エレノ電気は契約期間の縛りが存在し、契約日から1年以内に解約すると解約時に違約金が発生するので注意が必要です。違約金の詳細は下記表の通りです。

解約プラン違約金
通常の解約5,500円
いつでも解約サポート専用プラン(2年契約)33,000円
いつでも解約サポート専用プラン(1年契約)11,000円

エレノ電気は最初の契約時の契約方法によって違約金が変わります。通常の申し込みを利用した場合、契約期間は原則1年間で解約時の違約金は5,500円請求されますが、契約満了日の3ヵ月前までの申告があれば無料になります。しかし、「いつでも解約サポート専用プラン」を利用した上で、エレノ電気を契約している場合は違約金が通常よりも高額になります。

そもそも「いつでも解約サポート専用プラン」とはリンクライフが運営しているBroad WiMAXで行っている「いつでも解約サポート」を利用してプロバイダ契約を解約する場合に適用されるプランです。Broad WiMAXは通常解約するには違約金がかかりますが、「いつでも解約サポート」を利用してエレノ電気と契約すると、BroadWiMAXの違約金が無料になります。

しかし、上記表の通り、「いつでも解約サポート」を利用した場合に、エレノ電気と契約すると契約期間の縛りがある上に、解約時には高額な違約金を請求されます。その為、Broad WiMAXの違約金を無料にする目的で、エレノ電気との契約を考えている人は注意が必要です。

電気料金の高騰リスクが高い

エレノ電気は独自燃料費調整制度を採用しています。通常の電力会社とは発電コストを電気代に反映する燃料費調整額の計算方法が異なり、電気の市場価格が高騰した際の影響がより大きく反映される仕組みとなっています。

つまり電気の市場価格が高騰する局面では地域の大手電力会社よりも電気代が高くなる可能性があるので、エレノ電気の申込を検討している方はこのようなリスクがあることを理解した上で申し込むようにしましょう。

エレノ電気についてもっと詳しく知りたい

エレノ電気は公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

高額な解約金に注意!

エレノ電気公式サイト

エレノ電気の評判・口コミ

エレノ電気の評判・口コミを調査したところ様々な口コミが見つかりました。下記では良い評判と悪い評判について紹介します。

エレノ電気の良い評判

エレノ電気の良い評判は下記の通りです。

毎日の電力使用量を確認できるのが便利という口コミです。マイページやアプリで電力使用量を確認できる電力会社は他にもありますが、電気使用量を可視化することで節電しやすくなるという点は評価できるポイントですね。

またこの口コミが投稿された2019年時点では、電気の市場価格も高騰していなかった為、電気代の節約効果をわずかながら感じられたようです。

エレノ電気の悪い評判

エレノ電気の悪い評判は下記の通りです。

クレジットカードの決済システムの変更で、本来の料金支払いが行われず契約者に手数料の催促が届いたという口コミです。こちらはクレジットカード会社が原因のトラブルですが、エレノ電気から突然催促状が送られてきたことで不満を覚えた契約者が多く、公式サイトでも声明を出しています。

結果的にその月の請求でかかった催促手数料は契約者に返還されましたが、お客様サポートに対する不安は拭えません。

こちらの口コミでは旧居から新居への引越し手続きをしようとしたところ、新居の住宅条件によって契約不可だった為、解約を余儀なくされたとのことです。

このようにエレノ電気側の事情で、やむを得ず解約しなければいけない場合でも解約に対する違約金は支払わなければいけない為、不親切に感じる気持ちも否定できません。

エレノ電気はこんな方におすすめ

ここまでエレノ電気について紹介してきましたが、結論から言うと、エレノ電気での契約はおすすめできません。

エレノ電気は基本料金が割安に設定されていますが、電気の市場価格によって電気代が高騰するリスクがあります。加えて、解約時に違約金がかかる為、気軽に他の電力会社に切り替えできないというデメリットもあります。お客様サポートに対しても不親切だったという口コミが多くみられたので、当サイトとしてはおすすめできない電力会社という結論となりました。

エレノ電気についてもっと詳しく知りたい

エレノ電気は公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

契約は慎重に!

エレノ電気公式サイト

また当サイトでは各エリア毎でおすすめの電力会社を紹介しています。電力会社が一度切り替えるだけで、半永久的に節約効果を実感できます。エレノ電気からの切り替えであれば年間数万円以上の光熱費削減をできる可能性もあります。

調べるのが手間という方はランキングで一番安い電力会社で契約しておけば間違いありません。ぜひ参考にしてください。

関連記事

特集記事

TOP