一人暮らしが辛い…ストレスや不安を減らす為におすすめの方法と考え方

引越し役立ち情報
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

この記事を開いてくださった方は、おそらく今一人暮らしをされていて、何かしらのストレスや不安を抱えていると思います。

「もう実家に帰りたいな…」「友達に会いたいな…」と何度も思ったことでしょう。

実家を離れて一人で新しい環境に身を投じることは期待がある反面、大きなストレスもかかります。それで落ち込んでしまったり、不安になったりする方が多くいらっしゃいます。

今回は一人暮らしが辛くなってしまった人に少しでも不安やストレスを減らしていただく為の、おすすめの方法や考え方を紹介します。少しでも役に立てることがあれば幸いです。

新生活にストレスや不安はつきもの。できることからはじめていきましょう!

新生活のストレスについて

まずは新生活のストレスについての調査データがありましたので、こちらを紹介します。

新生活でストレスを感じた経験がある割合

図1:「Q. これまでに新生活の環境の変化で、ストレスを感じたことがありますか?」に対する回答結果。集計対象は、アンケートの全参加者200名。
引用元:株式会社Hakaliが実施したアンケート調査結果

まず新生活の環境の変化でストレスを感じたことがあると回答した方が約7割という結果がありました。これだけでもいかに新生活を辛いと感じる方の割合が多いかわかりますね。

新生活のストレスとなっている要因

図2:「Q. 新生活のストレス要因について、最も当てはまると思うものを選択して下さい。」に対する回答結果。集計対象は「新生活でストレスを感じたことがある」と回答した139名から無回答者2名を除く137名。
引用元:株式会社Hakaliが実施したアンケート調査結果

次に新生活のストレスの要因について聞く質問では「新しい環境での人間関係構築」が半分以上を占める結果でした。他にも「能力的な不安」「物理的な環境変化」「生活リズムの変化」といったものが比較的大きな割合を占めています。

逆に「家族や知人との別れ」をストレスの要因として感じる方は比較的少ないという意外な結果となりました。

ストレスを感じるメカニズム

人間には「ホメオスタシス」という自分を一定の状態に保とうする機能が備わっています。つまり生物的にあまり変化を好まないという性質を持っています。

一人暮らし等、新生活では周囲の環境が大きく変わる為、変化に慣れるまでの間にストレスがかかるというわけです。結果として自律神経にも影響を及ぼしてしまい、鬱等の症状を引き起こしてしまいます

新生活のストレスを減らす方法

まず前提として、新生活のストレスは時間が経つにつれて減っていく傾向にあります。それは先述した通り、ストレスがかかるメカニズムが「変化に対応できていない」からです。逆に言えば、時間をかけることで変化に対応できるという考え方もできます。

とはいえ、変化に慣れるまでの間は辛いまま、というわけにもいきません。変化に慣れる前に鬱等の症状が発症してしまっては手遅れです。

そこで今回は新生活でのストレスや不安を少しでも減らす方法や考え方を紹介します。

変化しないコトを作る

新生活でかかるストレスは「変化が起きる」ことが原因です。つまり意図的に変化しないコトを作り出すことで、ストレスを減せます。

例えば生活リズムを変えないようにしてみましょう。朝は7時に起きる、夜は24時に寝る、寝る前には必ずお風呂に入る、といったことを変えないだけでもストレスはかなり軽減できます。

また通勤・通学中は新生活がはじまる前にやっていたことを継続することもおすすめです。その他にもいつも見ていたテレビ番組を見る、使用していたシャンプーやコンディショナー、歯磨き粉は同じものを使うといったことも生活の変化を少なくできるので効果的です。

リラックスできる方法を見つける

この方法はストレスを減らすというより、解消するという方法です。

リラックスできる方法は人それぞれだと思いますが、例えば休日に外出する、趣味に没頭する、軽い運動をするといったことが一般的なストレス解消法として知られています。

自分にあったリラックス方法を探してみましょう。

新生活に楽しみを見つける

新生活は何も悪いことばかりではありません。今までにはなかった新しい刺激を得るチャンスと考えることもできます。新しい刺激に触れることで新生活が楽しくなれば、ストレスは当然なくなります。

新生活に楽しみを見つける方法をいくつか紹介します。

まずは新しいお店を探してみましょう。今まで食べたことのないご飯屋さんに入ってみるだけでとても新鮮な気持ちになれるはずです。

次に少し羽を伸ばして、観光地に行ってみましょう。新生活がはじまったばかりであれば、旅行に行くのと同じような感覚になれると思います。

最後に新しい人間関係を探してみましょう。新しい出会いがあると新生活にワクワクできることは間違いありません。ただ新しい人間関係を探すことが逆にストレスとなってしまう場合もあるでしょう。その場合、無理する必要はありません。まずは身近な学校や職場の人と関係を作っていく方が優先です。

ポジティブな気持ちを持つ

最後は精神論です。ポジティブな気持ちで生活していれば、新しく起こる変化を前向きに捉えることができます。逆にネガティブな気持ちで生活していると、起こるすべてのことが自分へのストレスとなります。

とはいえ、最初からすべての変化をポジティブに捉えていくのは難しい人もいるでしょう。そういう方は「なんとかなる」という気持ちを持つようにしましょう。

繰り返しにはなりますが、新生活のストレスの原因は「変化」です。時間が経てば、ストレスは減っていきます。だから「なんとかなる」という気持ちを持っておきましょう。

逆に「どうにもならない」という気持ちを持ってしまうと、本当にどうにもならない状況になってしまいます。この現象を心理学では「予言の自己成就」と呼ぶようです。現象の名前を覚える必要はありませんが、自分の思い込みが現実として成就してしまうことがあるというくらいに覚えておきましょう。

関連記事

特集記事

TOP