引越し時の電気の手続きのやり方は?使用開始・停止手続きの方法を解説!

引越し役立ち情報
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

新居の入居日に合わせて電気の開通手続きを行いましょう。電気は基本、開通の立ち合いが必要ありませんので、手配が完了すれば引越し当日から利用可能です。

しかし手続きを忘れていたり、直前に手続きをしてしまうと、入居時に電気が利用できない可能性がありますので早めに手続きを済ませておきましょう。

引越し先で電気が使えなかったら大変よ!

引越し先の電気をおトクに使いたい!【らくらくMOVING代行手配】

✅引越し先でおトクな電力会社をご提案
引越し先の電力会社を代理で開始手続き
✅ご利用者様の負担は0円
✅年間約10,000円の電気代を節約できた実例あり

引越し先の電気をおトクに使おう!

無料代行手配をはじめる

電気の使用停止と開始手続き方法

電気の使用停止と開始手続きをするにあたってパターンが3つあります。

引越し先でも旧居と同じ電力会社と契約する場合

こちらは今使っている電力会社に電話やインターネットで使用停止と開始をまとめて手続きできます。

引越し先の電気利用開始希望日を聞かれるので、引越しが決まってから申し込みするといいでしょう。

引越し先でも同じ電力会社と契約する場合は簡単ね!

引越し先で異なる電力会社と契約する場合

こちらは使用停止する電力会社と新しく使用する電力会社の両方に連絡する必要があります。手続きの申し込みは電話やインターネットですることが可能です。

電気の使用停止をする際は「供給地点特定番号」が必要になるので、電気の支払明細等を手元に用意しておくとスムーズです。

また新しく契約する電力会社に連絡する際は支払方法や希望する料金プラン等を聞かれるので、こちらも前もって調べておくといいでしょう。

退去する際はブレーカーを落として、新居に入居した際はブレーカーを上げれば立ち会いをすることもなく、電気の使用が可能になります。

らくらくMOVINGの代行手配を利用する場合

こちらは「らくらくMOVING」の一括代行手配を利用する方法です。電気だけではなく、ガスやインターネット等の引越し手続きもまとめてできるので、手間をかけたくない方におすすめです。

代行手配は必要情報を入力して、その後申込内容の確認の為に電話がかかってくるので、その対応を行うだけで電気の開始手続きは完了します。

尚、電気の停止手続きは別途行う必要があるので、現在契約中の電力会社には電話もしくはインターネットで停止連絡をしましょう。

らくらくMOVINGの代行手配について詳しく知りたい

代行手配の申し込みは24時間受付可能です。申し込み内容の確認電話の受付時間は11-21時です。

関連記事①:らくらくMOVING代行手配体験談 関東一人暮らし男性29歳
関連記事②:らくらくMOVING代行手配体験談 中部二人暮らし女性31歳

申し込みはサクッと30秒!

無料代行手配をはじめる

電気の開始手続きは忘れずに!

電気の開始手続きは非常に簡単ですが、手続きを忘れてしまっていた場合は入居してすぐに電気が使えない可能性があります。冷蔵庫を冷やすこともできませんし、オール電化の場合はお湯も出せません。

そんな事態にならないように早めに手続きを終わらせておくことが大切です。

電気の引越し手続きお疲れ様!

関連記事

特集記事

TOP