【引越し】忘れがちな定期配達の住所変更・解約リストまとめ

引越し役立ち情報
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

引越し後に定期配達サービスの住所変更を忘れていた為、旧住所に荷物が届いてしまったという経験をしたことはありませんか?

今回の引越しではそんなことにならないよう、引越し前に定期配達の住所変更や解約手続きを忘れずに行うようにしましょう。その為に予め契約している定期配達サービスやよく購入・利用するサイトをリストアップしておくと漏れなく手続きができます。

引越し手続きってたくさんあるから、ついつい忘れがちになるわよね

今回は忘れがちな住所変更や解約が必要なサービスをいくつかリストアップしたので、自分に当てはまるものがあった場合はすぐに住所変更や解約の手続きをするようにしてください。

当サイトで毎月100名以上が利用している引越し見積もりサービス

引越しらくっとNAVI引越し侍
業者数約50社約340社
電話対応1回だけ見積もりを依頼した会社と同数
引越し料金最大60%安くなる最大50%安くなる
おすすめ度★★★★★(5/5点)★★★★☆(4/5点)
見積もり

申込数No.1

無料見積もり

住所変更や解約が必要なサービス

新聞

新聞は販売社に電話をして住所変更や解約の手続きが可能です。

また各新聞社のHPから住所変更ができる場合もあります。

生協等、食材の定期宅配

食材の定期宅配は各営業者に電話連絡をすることで住所変更や解約の手続きが可能です。

HPで住所変更が可能な場合もありますが、引越し先のエリアによっては定期宅配ができない可能性があるので注意が必要です。

Amazon、楽天等の通販サイト

Amazonや楽天の通販サイトはマイページから住所変更をすることが可能です。

新居に引越して、しばらくしてから通販サイトを使う時に住所変更を忘れてしまうと旧住所に荷物が届いてしまいます。忘れないうちに住所変更をしておくようにしましょう。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを新居でも利用する場合、サービスの提供会社に電話等で連絡することで住所変更や解約することが可能です。

住所変更を忘れてしまうと旧住所に定期配送の水が届いてしまうことになるので、忘れないようにしましょう。また解約する際はサービスメーカーや利用期間によって解約金が発生する場合があるので注意してください。

解約して新居で新しいウォーターサーバーに切り替えしたい方や入居のタイミングで新規契約を検討している方は、「らくらくMOVING」で無料代行手配が可能です。電気、ガス、インターネットと併せて手続き代行ができ大幅に手間が省けるため必要に応じて活用しましょう。(代行手配してほしいサービスのみ選択可能です)

▷代行手配はこちら!

NHK

NHKは電話や公式HPから住所変更をすることが可能です。

金融機関

銀行や郵便貯金、クレジットカード、生命保険等も住所変更が必要です。

これらは各営業者に電話する、もしくはマイページ等から住所変更することが可能です。

携帯電話

携帯電話の住所変更は各会社のショップかマイページ等から住所変更することが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回リストアップしたものがすべてではありませんが、これらの住所変更をしておけば新居に引越してから「あれもこれも住所変更しないと…」とバタバタすることはなくなるはずです。

特に定期配達サービスは変更しておかないと金銭的な損失を被る可能性もあるので、絶対に忘れないようにしたいですね。

後回しにすると絶対に忘れてしまうわよ!余裕のある内に終わらせましょう!

関連記事

特集記事

TOP