はぴeプラスの評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

はぴeプラスは関西電力が東京電力エリアで提供している電力サービスです。関西電力が東京電力エリアでも顧客数を増加させていることから、注目を集めています。

そんなはぴeプラスですが「契約しても損しないかな?」「関東エリアで関西電力と契約しても大丈夫かな?」「利用者の口コミはどうなのかな?」等、サービスの質や評判について気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回ははぴeプラスの料金プラン・メリット・デメリットを解説した上で、契約者の評判や口コミ、どんな方におすすめできる電力会社なのかを紹介します。はぴeの契約を検討している方はぜひ参考にしてください。

はぴeプラスの基本情報

提供会社関西電力株式会社
供給エリア東京電力エリア
契約期間・解約金契約期間の縛り:無
解約金:無
支払方法口座振替・クレジットカード
セット割引電気とガスの契約でセット割引:無
市場連動型プラン市場連動型プランではない

はぴeプラスの料金プラン

まずははぴeプラスの料金プランについて紹介します。

東京電力との料金比較

はぴeプラスは東京電力エリアでのみ契約可能な料金プランの為、関東エリアで最も契約者の多い東京電力の従量電灯プランを比較しました。

はぴeプラス東京電力
基本料金6kWまで/10A毎に830.72円295.24円
電力量料金~120kwh29.99円30.00円
121~300kwh36.43円36.60円
301kwh~40.47円40.69円
※1kW=10A

はぴeプラスの料金プランで特徴的なのは契約形態が契約アンペア制ではなく、契約電力制であるという点です。契約電力制は実量制とも呼ばれ、電気使用月と直近11ヶ月間での最大使用電力によって契約電力値が決定されます。

はぴeプラスでは6kw以下であれば基本料金が830.72円で定額となります。東京電力の基本料金は10A毎に増加し、30Aで885.72円となる為、30A以上の契約であればはぴeプラスの方が基本料金を安く抑えられます。

また電力量料金を比較すると、はぴeプラスの方が料金が割安に設定されています。そのため、30A以上の契約であれば電気使用量に関わらず、東京電力よりもはぴeプラスの方がお得であると言えます。

ちなみに、はぴeプラスで6kW以上の契約となる場合の基本料金は1,716.44円で、以降は1kW増える毎に295.24円ずつ基本料金に加算されます。これは東京電力の従量電灯Cプランの基本料金と全く同額での設定となっています。

契約電力が6kW以上になる可能性ってある?

はぴeプラスは前述した通り、基本料金は実量制を採用しており、契約電力が6kW以下の場合の基本料金は定額です。30A以上の契約電力であれば東京電力よりも基本料金が大幅にお得になります。

契約電力ってそもそも何?

契約電力とは、同時に使うことができる電力の容量のことです。契約容量が大きくなる程、同時に多くの家電を使用する等、大きな電力を使用できます。

はぴeプラスでは電気使用月と直近11ヶ月間での最大使用電力によって契約電力値が決定されます。最大使用電力は常に変化し続ける使用電力を30分単位で計測し、月間で最も大きい値を2倍した値が最大使用電力となります。この実際の使用電力を2倍するという点が罠で、実際は4kW程度の使用電力だったとしてもはぴeプラスの契約電力は8kWで設定されます。

この算定基準であっても、1~2人暮らしの家庭であれば6kWを越えることはないと思われますが、3人暮らし以上の家庭で、エアコン・テレビ・IHなどの電力消費が激しい家電を同時に使うと契約電力が6kW以上になる可能性は十分にあると言えるでしょう。

はぴeプラスについてもっと詳しく知りたい

はぴeプラスは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

契約電力6kW以下ならおすすめ!

はぴeプラス公式サイト

はぴeプラスのメリット・デメリット

次にはぴeプラスを選ぶメリット・デメリットについて紹介します。

はぴeプラスのメリット

はぴeプラスのメリットは下記の通りです。

✅初期費用・解約金が無料
✅ポイント還元が充実している
✅月々の電気使用量を確認できる

初期費用・解約金が無料

はぴeプラスは契約時の事務手数料などの諸経費が一切かからない電力会社です。さらに、はぴeプラスは契約期間の縛りも無く、解約時にも違約金がかかりません。

また、契約手続きと解約手続きは電話窓口に直接電話をしなくても、公式サイトの専用フォームで手続きできるので、24時間いつでも申し込みできます。そのため、はぴeプラスは契約や解約時にかかる負担が少なく、お試しで数カ月だけ利用してみたいという方も気軽に契約できる電力会社であると言えるでしょう。

ポイント還元が充実している

はぴeプラスは会員サイトである「はぴeみる電」に無料登録することで、毎月の電気料金に応じてはぴeポイントを貯めることができます。電気料金1,000円につき8ポイントが貯まりますが、会員サイトにログインして電気料金を確認しないとポイントが貯まらない点には注意が必要です。

はぴeポイントは1ポイント=1円で、電気代の支払に充てたり、Tポイントやpaypayポイント等の他社ポイントに交換することができるので、非常に使いやすい点が魅力です。

また、はぴeポイントは会員サイト内のミニゲームやグループサービス、ネットショッピングなどでも貯めることができます。そのため、利用するサービスやショップを統一すれば効率的にポイントが貯められるシステムにもなっているのも嬉しいポイントです。

月々の電気使用量を確認できる

はぴeプラスの「はぴeみる電」では、過去25カ月間の電気使用量や電気料金をグラフや数値で確認できます。そのため、積極的に節電に取り組みたい方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

また、はぴeプラスはアプリでマイページを確認することができるので、わざわざ公式サイトを調べてログインするのが面倒に感じる人にとっても、利用しやすいサービスと言えます。

はぴeプラスのデメリット

はぴeプラスのデメリットは下記の通りです。

✅支払方法が原則口座振替とクレジットカードのみ
✅電話窓口の営業時間が18時まで

支払い方法が原則口座振替とクレジットカードのみ

はぴeプラスの支払い方法は原則口座振替とクレジットカードのみです。そのため、払込用紙で電気料金を支払いたい方にはデメリットと言えるでしょう。

ただし、払込用紙の発行希望があれば払込用紙での支払いが可能です。ただし、払込用紙の発行手数料220円が請求金額に加算されるので注意が必要です。

また、はぴeプラスの専用アプリの専用画面からバーコードを表示して、コンビニ等で支払いを済ませることも可能なので、それ程大きなデメリットではないかもしれません。

電話窓口の営業時間が18時まで

はぴeプラスの電話窓口の営業時間は「9:00~18:00」となっています。そのため、日中仕事で外出している人は電話窓口を利用しにくいと感じるかもしれません。

しかし、はぴeプラスでは公式サイト上で、メールやチャットでの問い合わせ窓口も開設しているので、問い合わせ自体は24時間することができます。そのため、電話をかける時間が無い方はメールやチャットの利用がおすすめです。ただし、内容によっては返答に時間がかかる可能性があるため、急ぎの用事であれば電話窓口に問い合わせる方が確実だと言えるでしょう。

はぴeプラスについてもっと詳しく知りたい

はぴeプラスは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

契約電力6kW以下ならおすすめ!

はぴeプラス公式サイト

はぴeプラスの評判・口コミ

はぴeプラスの評判・口コミを調査したところ様々な口コミが見つかりました。下記では良い評判と悪い評判についてそれぞれ紹介します。

はぴeプラスの良い評判

こちらは他社からはぴeプラスに契約を切り替えた方の口コミです。グランデータの電気からの切り替えによって大幅に電気料金の節約ができそうということで、非常に満足しているようです。

こちらははぴeポイントに対するポジティブな口コミです。はぴeポイントはTポイント以外にも、nanacoポイントやdポイントなど全部で15種類のポイントと交換が可能です。

また、貯まったはぴeポイントは他社ポイントへの交換以外に、景品との交換や電気料金の支払いにも利用できるので、利便性が高い点もうれしいポイントですね。

はぴeプラスの悪い評判

こちらは「はぴeみる電」の電気使用量データがシステムに反映されるまでに時間がかかるという口コミです。他にも時折サイトにアクセスできないことがあるという口コミも散見しました。しかし、「はぴeみる電」に対しての評判は賛否両論であり、データが確認できるだけでも嬉しいといった、好意的な意見も多く投稿されていました。

そのため、電気使用量をこまめに確認したい方にとってはストレスを感じさせる部分がある一方で、月々の使用量をざっくりと確認したいという方にとっては十分なサービスと言えるでしょう。

はぴeプラスはこんな方におすすめ

最後にはぴeプラスの契約をおすすめする方を紹介します。

  • ポイントを積極的に貯めて利用したい方
  • 専用アプリで電気使用量を確認したい方

このような方におすすめの電力会社です。電気使用量を確認できるサービスは、他にも多くの電力会社が提供していますが、専用アプリがある電力会社は多くありません。

また、はぴeプラスのポイント還元は他の電力会社よりも貯めやすさ、使いやすさの両面で優れています。

料金単価は東京電力よりはお得であるものの、他の新電力会社と比較すると少し物足りなさを感じます。そのため、安さを追求する方には他の電力会社での契約をおすすめします。

関連記事:【2023年最新】東京電力より電気代が安い電力会社厳選9社!おすすめ契約先を世帯人数別ランキングで紹介!

この記事を読んで、はぴeプラスが気になった方はぜひ公式サイトで詳細を確認してみてください。

はぴeプラスについてもっと詳しく知りたい

はぴeプラスは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

契約電力6kW以下ならおすすめ!

はぴeプラス公式サイト

関連記事

特集記事

TOP