ネット電力(旧:サステナブルエナジー)の評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ネット電力(旧:サステナブルエナジー)は2021年5月から提供が開始された新電力で、サステナブル(持続可能)な社会の実現に向けて電気供給を行っていることで注目を集めています。

しかし、いざ申し込むとなると「他社と比べて電気代が高くなったりしないかな?」「評判が悪かったりしないかな?」と気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はネット電力の料金プランやメリット・デメリットを解説した上で、利用者の口コミや評判を紹介します。ネット電力の申込を検討している方はぜひ参考にしてください。

※サステナブルでんきは2023年5月1日よりサービス名称が「ネット電力」に変更となります。尚、旧サービス名称から料金等の変更は一切ありません。

ネット電力の基本情報

提供会社サステナブルエナジー株式会社
供給エリア日本全国(沖縄県及び離島を除く)
契約期間・解約金1年間(自動更新・解約金なし)
支払方法個人はクレジットカードのみ
セット割引なし
市場連動型プラン独自燃料費調整制度あり

ネット電力の料金プラン

ネット電力が提供するプランは「ネットでんきB」「ネットでんきC」「ネット低圧電力」がありますが、一般家庭で使用されるのは「ネットでんきB」です。

料金プラン表を各エリアごとにまとめたので確認してみましょう。

地域の大手電力会社と料金を比較したから一緒に見ていこう♪

地域の大手電力会社との料金表比較

ネット電力の料金と地域の大手電力会社の料金を比較しました。

北海道エリア
北海道電力ネットでんきB
基本料金40A1,364.00円0円
50A1,705.00円
60A2,046.00円
電力量料金~120kwh23.97円32.00円
121~280kwh30.26円
281kwh~33.98円31.50円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
東北エリア
東北電力ネットでんきB
基本料金40A1,320.00円0円
50A1,650.00円
60A1,980.00円
電力量料金~120kwh18.58円28.00円
121~300kwh25.33円
301kwh~29.28円27.50円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
関東エリア
東京電力ネットでんきB
基本料金30A885.72円0円
40A1180.96円
50A1,476.20円
60A1,771.44円
電力量料金~120kwh19.91円27.90円
121~300kwh26.51円
301kwh~30.60円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
中部エリア
中部電力ネットでんきB
基本料金40A1,188.00円0円
50A1,485.00円
60A1,782.00円
電力量料金~120kwh21.33円27.70円
121~300kwh25.80円
301kwh~28.75円27.50円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
北陸エリア
北陸電力ネットでんきB
基本料金40A1,210.00円0円
50A1,512.50円
60A1,815.00円
電力量料金~120kwh18.22円23.90円
121~300kwh22.11円
301kwh~23.82円22.10円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
関西エリア
関西電力ネットでんきB
最低料金最初の15kwhまで433.41円0円
電力量料金16~120kwh20.31円24.40円
121~300kwh25.71円
301kwh~28.70円
※従量電灯Aに対応した料金プランです。
中国エリア
中国電力ネットでんきB
最低料金最初の15kwhまで542.07円0円
電力量料金16~120kwh21.46円26.00円
121~300kwh28.14円
301kwh~30.26円25.80円
※従量電灯Aに対応した料金プランです。
四国エリア
四国電力ネットでんきB
最低料金最初の11kwhまで411.40円0円
電力量料金12~120kwh20.37円26.40円
121~300kwh26.99円
301kwh~30.50円26.30円
※従量電灯Aに対応した料金プランです。
九州エリア
九州電力ネットでんきB
基本料金30A948.72円0円
40A1,264.96円
50A1,581.20円
60A1,897.44円
電力量料金~120kwh18.28円24.90円
121~300kwh23.88円
301kwh~26.88円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。

ネット電力に乗り換えると本当に安くなる?

ネット電力は基本料金が0円で設定されています。また電力量料金は1段階もしくは2段階のシンプルな賞金設定となっている点が特徴的です。電力量料金は120kwh以下までは割高ですが、121kwh以上はほぼ同水準もしくは割安に設定されている為、電気使用量が多くなる程、電気代を節約できます。

また基本料金が0円ということは電気を使用した分しか電気代がかかりません。その為、電気使用量が極端に少ない家庭もお得に電気を利用できます。

参考までに関東・関西・中部・九州エリアでネット電力に切り替えた場合のシミュレーション結果を下記表でまとめました。自分の電気使用量の場合に本当に安くなるのか確認してみてください。またそれ以外のエリアの方であってもお得になるかどうかの基準はほぼ同じなのでご安心ください。

スクロールできます
ネットでんきB東京電力
30A/100kwh2,790円2,876円
30A/200kwh5,580円5,395円
40A/300kwh8,370円8,341円
40A/400kwh11,160円11,401円
50A/500kwh13,950円14,757円
1ヵ月あたりの電気料金。燃料費調整額・再エネ賦課金は含まない。

ネット電力についてもっと詳しく知りたい

ネット電力は公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

業界最安値水準の料金プラン!

ネット電力公式サイト

ネット電力のメリット・デメリット

次にネット電力で契約するメリットとデメリットを紹介します。

ネット電力のメリット

✅電気使用量が100kwh以下なら業界最安値
✅電気使用量が多い程お得になる
✅30分毎に電気使用量とJEPXの調達価格を確認できる

電気使用量が100kwh以下なら業界最安値

ネット電力は基本料金0円の料金プランです。節電すればする程電気料金が安くなるので、月間電気使用量が100kwh以下の場合は業界最安値水準の料金となります。

他の電力会社の場合だとせっかく電気使用量を100kwh以下に抑えても基本料金が500~1500円程度かかる為、電気料金はそれ程安くなりません。

電気使用量が多い程お得になる

先程、電気使用量が極端に少ない家庭の場合にネット電力は安いと解説しましたが、実は電気使用量が多い場合もお得な電力会社です。地域の大手電力会社と比較しても電力量料金の第2,3段階目が割安に設定されているので、電気を使う程電気料金は安くなります。

しかし、月間の電気使用量が150~300kwh程度の家庭の場合はエリアによっては割高となってしまうので注意しましょう。

30分毎に電気使用量とJEPXの調達価格を確認できる

ネット電力のマイページにログインすると、30分ごとの電気使用量をグラフでリアルタイムにチェックできます。そこで翌日のJEPXの調達価格を確認できるので、電力市場の動向にも詳しくなります。

自分の電気使用量を常に把握することで、電気の使いすぎにすぐ気づくことができるので結果的に節電に繋がります。

ネット電力のデメリット

✅1~2人暮らしの家庭は割高になる可能性がある
✅ガスとのセット契約ができない
✅オール電化住宅に対応していない
✅電気代の急激な高騰リスクがある

1~2人暮らしの家庭は割高になる可能性がある

ネット電力の最大のデメリットは1~2人暮らし世帯の場合に電気代が割高になる可能性があることです。エリアにもよりますが、目安として月間の電気使用量が150~300kwhの家庭は注意しましょう。

ただし一人暮らしの場合で節電意識が高く、月間の電気使用量が極端に少ない方はたちまち業界最安値水準の電力会社となります。一人暮らしの方は事前に自分の電気使用量を把握してから申込することをおすすめします。

ガスとのセット契約ができない

ネット電力はガスサービスを提供していない為、電気とガスのセット契約ができません。ネット電力で契約する場合、ガス会社は別で探す必要があるので注意しましょう。

ちなみに電気とガスをセットで契約できるおすすめの会社はエルピオ都市ガス・エルピオでんきです。特にエルピオ都市ガスは都市ガスの中で最安値水準の料金となっている為、非常におすすめです。

エルピオ都市ガス/でんきについてもっと詳しく知りたい

エルピオ都市ガス/でんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

最安値水準のガスプラン!

エルピオ都市ガス公式サイト

都市ガスとセットがおすすめ!

エルピオでんき公式サイト

オール電化住宅に対応していない

ネット電力にはオール電化住宅向けの料金プランがありません。該当する世帯の方はそもそも申し込みができないため注意してください。

電気代の急激な高騰リスクがある

ネット電力は独自燃料費調整制度を採用している為、燃料費調整額とは別で電源調達費調整額が電気料金に加算(減算)されます。その為、電気の市場価格が高騰した場合に電気料金も急激に高騰するリスクがあります。

2023年4月時点、徐々に電気の市場価格は落ち着いてきていますが、再度高騰する可能性も0ではないので注意が必要です。

ネット電力の評判・口コミ

ネット電力(旧:サステナブルエナジー)の評判や口コミをSNS等で調査しました。実際の利用者の声なのでぜひ参考にしてください。

ネット電力の良い評判

比較的新しい電力会社ということもあり、ネット電力に関する良い口コミは見つかりませんでした。

ネット電力の悪い評判

反対に、ネット電力に対するマイナスな口コミが少なからず見つかったので紹介します。

電気料金が高くなったという口コミです。2022年8月分の電気料金より独自燃料費調整制度が適用されたことが起因と考えられます。電気の市場価格に左右される電力会社で契約したくない方にはおすすめできません。

こちらの方も独自燃料費調整制度の影響で電気代が急激に高騰したようです。別途調整額で1万円も追加請求されることがある電力会社での契約はリスクが高いと言わざるを得ません。

ネット電力はこんな方におすすめ

最後にネット電力での契約をおすすめする方についてまとめました。

・電気使用量が100kwh以下の方
・電気使用量が300kwh以上の方

ネット電力は基本料金0円で地域の大手電力会社よりも電気代を安くできます。ただし、1~2人暮らし世帯の場合は電気代が割高になる可能性があるので自分の電気使用量を把握した上で申込するようにしましょう。

またネット電力は独自燃料費調整制度を採用している為、電気代が電気の市場価格に大きく左右されます。電気の市場価格に電気代が左右されるのは嫌だという方は他の電力会社での契約を検討しましょう。

現在、電気の市場価格は落ち着いてきてはいるものの、また市場価格が高騰する可能性は低くないので個人的には他の電力会社で契約をおすすめします。

この記事を読んでネット電力が気になった方はぜひ公式HPをチェックしてみてください。

ネット電力についてもっと詳しく知りたい

ネット電力は公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

業界最安値水準の料金プラン!

ネット電力公式サイト

関連記事

特集記事

TOP