Pontaでんきの評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Pontaでんきをインターネットで検索すると「大手電力会社と料金設定は同じ」と書いてあります。それでは「切り替えるメリットがあるのかな?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はPontaでんきの料金プランやメリット・デメリットを紹介します。さらにPontaでんきを利用している方の評判や口コミも紹介するので、Pontaでんきの申し込みを検討している方はぜひ参考にしてください。

自分にあった料金プランを探す【エネチェンジ】

国内最大級の電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、あなたのライフスタイルに合わせた電力会社・電気料金プランを検索できます。お得なキャンペーンを実施している電力会社も多いので、ぜひチェックしてみてください。

【2023年最新】エネチェンジで電気を切り替えても大丈夫?リアルな評判や口コミを徹底調査しました

Pontaでんきの基本情報

はじめにPontaでんきの基本情報をまとめました。

提供会社KDDI株式会社
供給エリア全国(沖縄・一部離島を除く)
契約期間・解除金契約期間の縛り:無
解約金:無
支払方法口座振替・クレジットカード・auスマホ・ケータイ/UQ mobileとのまとめて請求
ガスとのセットプラン
還元ポイントPontaポイント
市場連動型プラン市場連動型プランではない

Pontaでんきの料金プラン

次にPontaでんきの料金プランを紹介します。現在、Pontaでんきが提供している料金プランは2種類です。

Pontaでんきの料金プラン

・でんきM
一般家庭向けの電気料金プラン。
※北海道電力・東北電力・東京電力エナジーパートナー・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯B」相当。関西電力・中国電力・四国電力の「従量電灯A」相当。

・でんきL
事務所や飲食店等の電気をたくさん使う家庭向けの電気料金プラン。
※北海道電力・東北電力・東京電力エナジーパートナー・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯C」相当。関西電力・中国電力・四国電力の「従量電灯B」相当。

今回は一般家庭向けの料金プラン「でんきM」の料金を紹介します。

でんきM

北海道エリア・東北エリア・東京エリア・北陸エリア・中部エリア・九州エリア

でんきM
基本料金(従量電灯B相当)
北海道エリア東北エリア東京エリア北陸エリア中部エリア九州エリア
10A341.00円330.00円286.00円242.00円286.00円297.00円
15A511.50円495.00円429.00円363.00円429.00円445.50円
20A682.00円660.00円572.00円484.00円572.00円594.00円
30A1,023.00円990.00円858.00円726.00円858.00円891.00円
40A1,364.00円1,200.00円1,144.00円968.00円1,144.00円1,188.00円
50A1,705.00円1,500.00円1,430.00円1,210.00円1,430.00円1,485.00円
60A2,046.00円1,800.00円1,716.00円1,452.00円1,716.00円1,782.00円
※表は横スクロールが可能です。
でんきM
電力量料金・最低月額料金
従量電灯B相当)
北海道エリア東北エリア東京エリア北陸エリア中部エリア九州エリア
〜120kWhまで23.96円18.56円19.87円17.83円21.03円17.45円
121~300kwh
(北海道:121~280kwh)
30.25円25.32円26.47円21.72円25.50円23.05円
301kwh~
(北海道:281kwh~)
33.97円29.27円30.56円23.43円28.45円26.04円
1契約あたりの最低月額料金250.80円261.80円235.82円181.29円258.23円314.77円
※表は横スクロールが可能です。

関西エリア・中国エリア・四国エリア

でんきM従量電灯A相当)関西エリア中国エリア四国エリア
最低料金最初の15kwhまで
(四国:最初の11kwhまで)
341.00円336.86円411.40円
電力量料金(1kWhあたり)16~120kwh
(四国:12~120kwh)
20.30円20.75円20.36円
120kWh超過280kWhまで25.70円27.43円26.98円
280kWh超過分28.69円29.55円30.49円
※表は横スクロールが可能です。

Pontaでんきは大手電力会社より高い?安い?

結論から申し上げると、Pontaでんきは東京電力や関西電力等の大手電力会社と比較して、ほぼ同額の料金設定となっています。その為、電気料金を安くしたいと考えている方にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、Pontaでんきは契約するだけで毎月一律で150Pontaポイントが還元されます。Pontaポイントは1ポイント1円相当の価値があるので、年間で1800円相当分の節約効果を期待できます。

その為、普段からPontaポイントを貯めている方にとってはPontaでんきは大手電力会社より安いと言えるかもしれません。

Pontaでんきについてもっと詳しく知りたい

Pontaでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

Pontaでんきのメリット・デメリット

次にPontaでんきのメリット・デメリットを紹介します。

Pontaでんきのメリット

✅Pontaポイントが大量に貯まる
✅1人暮らしの方がおトクになりやすい

Pontaポイントが大量に貯まる

Pontaでんきを利用すると大量のPontaポイントが貯まります。Pontaポイントは電気料金に応じて還元されるのではなく、一律で150ポイントが還元されます。

他の電力会社では200円につき1ポイントのように電気料金に応じて還元ポイントが増減しますが、一律で300ポイント還元されるのはPontaでんきの大きなメリットといえます。

ちなみに200円につき1ポイント還元の電力会社で150ポイントを貯めるには3万円の電気料金の請求額が必要なので、Pontaでんきのポイント還元率の高さは圧倒的です。

1人暮らしの方がおトクになりやすい

Pontaポイントが毎月150ポイント還元されると、1年で1800ポイントの還元になります。還元されるポイントは一律なので、一人暮らしであってもファミリー世帯であってもおトク額は一定です。

その為、月々の電気料金が安い一人暮らしの方がおトク割合が大きくなります。

Pontaでんきのデメリット

✅オール電化に対応していない
✅紙の請求書発行にお金がかかる

オール電化に対応していない

Pontaでんきでは、オール電化向け住宅に対応したプランがありません。

Pontaでんきで契約したい方でもオール電化住宅にお住まいの場合は、そもそも申し込みをすることができないので注意しましょう。

紙の請求書発行にお金がかかる

Pontaでんきでは電気使用量や電気料金の確認は、基本的にWeb上のマイページや公式アプリで行います。

紙の請求書発行をしたい場合には発行手数料220円(税込)がかかるため、毎月の請求を紙で管理したい方にはデメリットと言えるでしょう。

Pontaでんきの評判・口コミ

続いて、Pontaでんきについての評価や口コミを紹介します。

✅良い評価・口コミ
・ポイントがたくさん貯まる
・1人暮らしにメリットが大きい
❌悪い評価・口コミ
・コールセンターが繋がりにくい
・手続きに手間がかかる

Pontaでんきの良い評判

まずはPontaでんきに対する好意的な口コミをいくつか紹介します。

https://twitter.com/mefi_wc_Rp636/status/1522579422620143619

還元ポイントが想像以上に貯まったという口コミです。

KDDIユーザーの方は他サービスの利用と併せてさらにポイントが貯まりやすくなります。

Pontaでんきに切り替えて良かったという、1人暮らしの方の口コミです。

実際に一人暮らしの方が満足している声を聞くと、安心感が増しますね。

Pontaでんきの悪い評判

一方、Pontaでんきに対してネガティブな口コミもいくつか紹介します。

Pontaでんきのコールセンターでは電話が繋がりにくいケースもあるようです。

サポート体制の改善は早急に取り組んでほしいですね。

手続きやその手順が分かりにくいという口コミです。

個人情報保護の観点からしかたがない側面もありますが、同じKDDIサービス内の切替であっても手続きはしっかりと必要なようです。

Pontaでんきはこんな方におすすめ

最後に、Pontaでんきがどんな方におすすめなのかをまとめました。

・Pontaポイントを貯めたい方
・KDDIユーザーの方
・1人暮らしの方

Pontaポイントが一律で還元されて、1人暮らしの方に特にお得なPontaでんき。

どれか一つでも該当する方は今より少しでもおトクに電気を使える可能性があります。この記事を読んでPontaでんきが良いと思った方はぜひ公式サイトでもサービス内容を確認してみてください。

Pontaでんきについてもっと詳しく知りたい

Pontaでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

関連記事

特集記事

TOP