新日本エネルギーの評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

新日本エネルギーは「地域の皆様にお得な電気を!」をモットーに2019年から株式会社NEXT ONEが提供をスタートした新電力です。

電気使用量が多い家庭は特にメリットが大きいと話題の新日本エネルギーですが、実際どれくらい安くなるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は新日本エネルギーのメリット・デメリットや料金プランを大手電力会社と比較しながら解説します。さらに新日本エネルギー利用者の口コミや評判も紹介しますのでぜひ参考にしてください。

新日本エネルギーの基本情報

提供会社株式会社NEXT ONE
供給エリア全国(沖縄エリアを除く)
契約期間・解約金契約期間の縛り:契約期間:3年間(自動更新あり) 
解約金:更新月以外で契約期間内に解約した場合は有9,900円(税込)
※新ネクストバリュープランは供給開始日から1年未満の解約で22,000円(税込)
支払方法銀行口座振替・クレジットカード・コンビニ払い
セット割引なし
市場連動型プラン独自燃料費調整制度あり

新日本エネルギーの料金プラン

新日本エネルギーの料金プランは非常に種類が多く分かりにくいです。

新日本エネルギーには合計7種類の料金プランがありますが、「新ネクストバリュープラン」以外の6つが新規申込受付を停止しております。その為、今回は新ネクストバリュープランの料金のみを紹介します。

  • スタンダードプラン ※新規申込受付停止中
  • 新ネクストバリュープラン ※新規申込可能
  • ネクストバリュープラン ※新規申込受付停止中
  • 新ネクストプラン ※新規申込受付停止中
  • ネクストプラン ※新規申込受付停止中
  • スマートネクストプランS ※新規申込受付停止中
  • スマートネクストプラン ※新規申込受付停止中

※2023年4月以降、地域の大手電力会社の料金プランが改訂される予定ですが、今回は料金改訂前の単価を比較表に記載しております。改訂後料金が確定次第、反映いたします。

地域の大手電力会社との料金比較

まずは地域の大手電力会社と新日本エネルギーの新ネクストバリュープランの料金表を比較してみました。自分に該当する地域の料金表を確認してください。

北海道エリア
北海道電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
基本料金30A1,023.00円920.70円
40A1,364.00円1,227.60円
50A1,705.00円1,534.50円
60A2,046.00円1,841.40円
電力量料金~120kwh23.97円30.26円
(1kWhあたり)
121~280kwh30.26円
281kwh~33.98円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
東北エリア
東北電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
基本料金30A990.00円891.00円
40A1,320.00円1,188.00円
50A1,650.00円1,485.00円
60A1,980.00円1,782.00円
電力量料金~120kwh18.58円25.33円
(1kWhあたり)
121~300kwh25.33円
301kwh~29.28円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
東京エリア
東京電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
基本料金30A858.00円772.20円
40A1,144.00円1,029.60円
50A1,430.00円1,287.00円
60A1,716.00円1,544.40円
電力量料金~120kwh19.88円26.48円
(1kWhあたり)
121~300kwh26.48円
301kwh~30.57円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
中部エリア
中部電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
基本料金30A858.00円772.20円
40A1,144.00円1,029.60円
50A1,430.00円1,287.00円
60A1,716.00円1,544.40円
電力量料金~120kwh21.04円26.50円
(1kWhあたり)
121~300kwh25.51円
301kwh~28.46円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
北陸エリア
北陸電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
基本料金30A726.00円653.40円
40A968.00円871.20円
50A1,210.00円1089.00円
60A1,452.00円1306.80円
電力量料金~120kwh17.84円22.00円
(1kWhあたり)
121~300kwh21.73円
301kwh~23.44円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。
関西エリア
関西電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
最低料金最初の15kwhまで341.01円990.00円
電力量料金16~120kwh20.31円25.40円
(1kWhあたり)
121~300kwh25.71円
301kwh~28.70円
※従量電灯Aに対応した料金プランです。
中国エリア
中国電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
最低料金最初の15kwhまで336.87円303.18円
電力量料金16~120kwh20.76円27.44円
(1kWhあたり)
121~300kwh27.44円
301kwh~29.56円
※従量電灯Aに対応した料金プランです。
四国エリア
四国電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
最低料金最初の11kwhまで411.40円397.26円
電力量料金12~120kwh20.37円26.99円
(1kWhあたり)
121~300kwh26.99円
301kwh~30.50円
※従量電灯Aに対応した料金プランです。
九州エリア
九州電力新日本エネルギー
新ネクストバリュープラン電灯B
基本料金30A891.00円801.90円
40A1,188.00円1,069.20円
50A1,485.00円1336.50円
60A1,782.00円1,603.80円
電力量料金~120kwh17.46円25.40円
(1kWhあたり)
121~300kwh23.06円
301kwh~26.06円
※従量電灯Bに対応した料金プランです。

新日本エネルギーは本当に安い電力会社なの?

新日本エネルギーの基本料金は地域の大手電力会社よりも安く設定されています。一方で電力量料金は第3段階料金から1kWhあたりの単価が地域の大手電力会社よりも安く設定されており、第1,2段階料金は割高に設定されています。

このことから新日本エネルギーは電気使用量が多くなればなる程、おトクになっていく電力会社であることがわかります。目安としては月間の電気使用量が400~450kwh以上の家庭であれば地域の大手電力会社よりも電気料金が安くなるでしょう。

ただし、料金プランとは別で新日本エネルギーは独自燃料費調整制度を適用しています。その為、電気の市場価格が高騰することで電気料金が急激に高騰するリスクもあります。

正直、他の新電力会社の方が安い料金プランを提供しているので新日本エネルギーでの契約は現状、あまりおすすめしません。

新日本エネルギーのメリット・デメリット

次に新日本エネルギーのメリット・デメリットを紹介します。

新日本エネルギーのメリット

✅電気使用量が多くなる程おトクになる

✅コンビニ支払が可能

電気使用量が多くなる程おトクになる

新日本エネルギーの料金プランは電気使用量が多い家庭におトクな料金プランです。目安としては月間の電気使用量が400~450kwh以上の方であれば、地域の大手電力会社よりもおトクに電気を使用できます。

電気をたくさん使う家庭や4人暮らし以上のファミリー世帯の方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

コンビニ支払が可能

電気料金の支払い方法について、多くの電力会社はクレジットカードのみまたはクレジットカードと口座振替というケースが多くみられます。

しかし新日本エネルギーではコンビニ払いにも対応しているため、クレジットカードや口座での支払に不信感がある方でも安心です。

新日本エネルギーのデメリット

✅更新月以外の解約で解約金がかかる

✅電気をあまり使わない方は割高になる

更新月以外の解約で解約金がかかる

新日本エネルギーは、契約期間の縛りが3年間あり更新月以外で契約期間内に解約した場合は9,900円(税込)の高額な解約手数料がかかります。また本記事で紹介している新ネクストバリュープランは供給開始日から1年未満の解約で22,000円(税込)の解約金がかかります。

契約を検討している方は自分の月間電気使用量を把握してから申込をしないと、もしも電気料金が高くなってしまった場合に気軽に切り替えができないので注意が必要です。

解約金がとても高いので契約時は慎重に!

電気をあまり使わない方は割高になる

新日本エネルギーの料金表を見ると第一段階の電力量料金が大手電力会社より割高に設定されています。(エリアによっては第二段階の電力量料金も割高の場合があります)

基本料金は他の電力会社と比較しても割安に設定されていますが、電力量料金が高い分、電気使用量が少ないと電気料金がむしろ高くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

新日本エネルギーの評判・口コミ

続いて、新日本エネルギーの評判・口コミを紹介します。

新日本エネルギーの良い評判

https://twitter.com/koji_accountant/status/1627050375206567937?s=20

電力量料金が一律なので、電力使用量が多い方はおトクという口コミですね。

新日本エネルギーの悪い評判

電話が繋がらないという口コミです。

料金プラン改定などに伴い、問い合わせが増えていることも考えられますが、手続きや万が一の際のサポートに不安を感じてしまいますね。

料金が高いという口コミです。

契約アンペアや料金プランが最適なものになっているかをしっかり確認する必要があります。

新日本エネルギーはこんな方におすすめ

最後に新日本エネルギーがどんな方におすすめの電力会社になのかをまとめました。

・電気使用量が多い方

・初期費用をかけずに契約したい方

・コンビニ支払で電気料金を支払いたい方

新日本エネルギーは電力使用量が400~450kWh以上のファミリー世帯には料金メリットがありますが、一人暮らしなどあまり電気を使わない方にはおすすめしません。

また電気使用量が多い家庭でも、現在の電気使用量を確認し一度料金計算することをおすすめします。万が一、新日本エネルギーで契約したことによって電気料金が高くなってしまった場合に高額な解約金を支払う必要があります。

また新日本エネルギーは新電力会社では珍しく、コンビニ支払が可能です。電気料金をコンビニ支払で支払いたい方にはおすすめの電力会社です。

この記事を読んで、新日本エネルギーが気になった方はぜひ公式サイトを確認してみてくださいね。

新日本エネルギーについてもっと詳しく知りたい

新日本エネルギーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

関連記事

特集記事

TOP