【引越し】ガス開栓立ち合い時の流れと注意事項を解説!

引越し当日
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

引越し先でまず最初にやらなければならないことの1つがガスの開栓立ち会いです。

ガスの開栓には必ず立ち合いが必要よ!

そこで今回はガス開栓時の流れや注意事項を解説するので、ぜひ参考にしてください。

当サイトで毎月100名以上が利用している引越し見積もりサービス

引越しらくっとNAVI引越し侍
業者数約50社約340社
電話対応1回だけ見積もりを依頼した会社と同数
引越し料金最大60%安くなる最大50%安くなる
おすすめ度★★★★★(5/5点)★★★★☆(4/5点)
見積もり

申込数No.1

無料見積もり

なぜガス開栓の立会いが必要なのか?

そもそもガスの開栓になぜ立ち合いが必要か知らない方も多いと思います。立会いが必要な理由は大きく2つあります。

ガス漏れや異常がないかを確認する

ガスを開栓するだけであれば誰でも簡単にできる作業ですが、ガス漏れや異常がないかを確認することは素人にはできません。万が一、ガスが漏れていた場合、爆発を起こす危険性があります。命の危険も伴うことなので、必ずプロがガス漏れや異常がないかを確認することになっています。

法律で決められていることなのよ!

ガス使用時の注意事項の説明を受ける

ガス使用時の注意事項の説明も義務となっています。地震などの災害時の対処法等も開栓立会いの際に説明を受けます。

注意事項の説明を受けておくことで、トラブルに遭遇した際に自分で対処できるようになるので注意事項の説明内容は必ず理解しておくようにしましょう。

ガス開栓時の立ち合い

ガス開栓立ち合い時の流れ

  1. ガス機器が使用可能か確認する
  2. ガスメーターを開栓する
  3. ガスが開通しているか確認する
  4. ガス機器の動作を確認する
  5. ガス使用時の注意事項説明を受ける
  6. 開栓作業終了のサインをする

基本的には作業員が進めてくれるので、その指示に従っていれば問題ありません。

ガス開栓立ち合いにかかる所要時間

所要時間は大体20~30分程度です。ただし引越し繁忙期等は立会いの予約が希望時間にとれない可能性があるので、余裕をもったスケジュールを組むようにしましょう。

ガス開栓時に必要なもの

スムーズに開栓手続きをする為に要チェックよ!

生活で使用するガス機器

立合い時に生活で使用するガスコンロやガスファンヒーターなど、使用するガス機器が使用できるかを確認します。 ガスを使用する全ての機器を確認するので、スムーズに作業ができるようにあらかじめ用意しておきましょう。一応、ガス機器すべてを用意することができなくてもガスの開栓手続き自体は可能ですが、安全の為には全て用意しておくのが望ましいです。

印鑑・ペン

作業終了の契約書にサインする場合や必要事項を記入する為に必要になります。最近はタブレットでサインする会社も増えてきましたが、そうでない場合もあるので用意しておくといいでしょう。

預り金

ガス会社(特にプロパンガス会社)によっては開栓時に預り金が必要な場合があります。預り金が必要かどうかを必ず事前に調べておきましょう

関連記事

特集記事

TOP