【引越し】マイナンバーカードの住所変更・継続利用手続きを詳しく解説‼

引越し役立ち情報
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

引越しをする際に、マイナンバーカードの住所変更手続きをしましょう。基本的にマイナンバーは引越しをしても変わりませんが、住所変更の手続きは必要です。

みんなはもうマイナンバーカードを発行してるかな?私はしたわよ!

今回はマイナンバーカードの住所変更手続きを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

当サイトで毎月100名以上が利用している引越し見積もりサービス

引越しらくっとNAVI引越し侍
業者数約50社約340社
電話対応1回だけ見積もりを依頼した会社と同数
引越し料金最大60%安くなる最大50%安くなる
おすすめ度★★★★★(5/5点)★★★★☆(4/5点)
見積もり

申込数No.1

無料見積もり

マイナンバーカードの基本事項

マイナンバーカードの種類

マイナンバーカードには「マイナンバーカード(個人番号カード) 」か「マイナンバー通知カード」の2種類が存在します。まずはお手元にあるカードがどちらに該当するのかを確認しましょう。

それぞれのカードの特徴や効力については次の表を参考にしてください。

[table id=20 /]

マイナンバーカードの引越し手続きは必要?

引越しをする際、マイナンバーカードの変更手続きは必須事項です。法律でマイナンバーカードの記載事項が変更になった場合は14日以内に届け出をするように義務付けられております。

ちなみに転入届・転居届を出しているにも関わらず、90日以内にマイナンバーカードの変更手続きをしなかった場合、マイナンバーカードは失効されてしまいます。忘れないように転入届 ・転居届 を出したタイミングで手続きをするようにしましょう。

またマイナンバー通知カードは令和2年5月25日に廃止された為、変更の手続きは不要となりました。しかし、引越し後のマイナンバー通知カードはマイナンバーの証明として使えなくなるので、他の方法でマイナンバーを証明する必要があります。

マイナンバーカードの引越し手続き

同じ市区町村内で引越しする場合

同じ市区町村内で引越しする場合は「住所変更手続き」が必要です。「転居届」を出して、マイナンバーカードに新しい住所を記載するだけで手続きが完了となりますので、比較的簡単です。

手続きができる場所

  • 自治体の役所・役場
  • マイナンバー専用窓口

必要な書類

  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード・交付時に設定した4桁の暗証番号
  • 印鑑

異なる市区町村に引越しする場合

異なる市区町村に引越しする場合は「継続利用手続き」をしましょう。その際、「転出届」と「転入届」の提出も必要がです。引越し元と引越し先での手続きをそれぞれみていきましょう。

引越し元での手続き

役所の窓口で転出届を提出する際、一緒にマイナンバーカードの変更手続きも行います。必要な書類は本人確認書類、マイナンバーカード、印鑑の3つです。

ただし、マイナンバーカードを所持している方は「特例転出」を受けることができます。これは事前に「特例転出届」を郵送などで役所に提出することで、来庁せずに転出手続きを完了させられる制度です。紙による転出証明書の発行が無くなり、マイナンバーカードを転出証明書の代わりにすることができるようになります。転入手続きの際の、必要書類を削減することができるので、活用してみてください。

もちろん通常通り、役所窓口で手続きしても問題ありません。

特例転出制度はマイナンバーカードを持っている人はぜひ使ってみてね!

引越し先での手続き

役所の窓口で転入届を提出する際、一緒にマイナンバーカードの変更手続きを行います。必要な書類は転出証明書、本人確認書類、マイナンバーカード、印鑑の4つです。ただし「特例転出」を活用している場合は転出証明書が発行されないので、こちらの書類が不要となります。その代わりにマイナンバーカードの暗証番号が必要となりますので、忘れないようにしましょう。

マイナンバーカードと一緒にやっておきたい手続き

マイナンバーカードの手続きをする際に次の手続きも一緒に行うことで、役所や役場に行く手間をまとめることができるのでおすすめです。自分に該当するものだけで問題ありません。

それぞれの手続き方法は別の記事で詳しく解説しているわよ!

関連記事

特集記事

TOP