【初一人暮らし必見】1ヵ月の平均的な生活費の内訳と節約術を紹介!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

はじめての一人暮らし。楽しみな反面、不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

はじめての一人暮らしで不安に感じる要素の中で、まずはじめに思い浮かぶのは生活費のやりくりです。一人暮らしの場合は親元での生活とは違い、家賃・食費・交際費だけでなく光熱費や通信費等、様々な費用がかかります。何も考えずに生活していると月の収入よりも生活費の方が高くなってしまうこともあります。

自分の生活費を把握することで貯金がしやすくなるわよ!

そこで今回は社会人になって、はじめて一人暮らしをする方向けに生活費の内訳を紹介します。自分の生活費と見比べて節約できる部分は節約してみてください。

平均的な社会人の生活費っていくらくらい?

まずは平均的な社会人の毎月の生活費を見ていきましょう。社会人になってはじめて一人暮らしをする場合、20代の場合が多いと思うので、平均的な20代の社会人の生活費を紹介します。

20代社会人の平均的な生活費

[table id=42 /]

こちらが平均的な生活費の内訳です。実際に生活するともう少し費用を抑えられる場合もありますし、逆に月間の出費額をこちらの費用を越える場合もあります。また住んでいる地域によっては家賃が全然違うので、もう少し生活費は安くなります。

「一人暮らしはお金がかかる」ということはわかっていただけたかしら?

生活費の予算を決める

先程、平均的な社会人の生活費を紹介しました。しかし現在の自分の収入額と照らし合わせた時に手取り額よりも生活費の方が多くなってしまってはいけません。

その為に自分の収入額に合わせた、生活費の予算を決めましょう。

例えば「手取り額が17万円、毎月貯金を3万円したい」と考えている人の場合を見ていきます。先程、紹介した生活費予算では貯金3万円どころか、毎月1万円の赤字です。収入を急に増やすことはできないので、必然的に生活費を抑える必要があります。

[table id=43 /]

こちらが生活費の予算を決めて、手取り額が17万円の人が毎月3万円を貯金できるようにした表です。この生活費予算通りに生活するのは苦しいと感じるかもしれませんが、あくまでこの表は一例にすぎません。大切なのは自分にできる部分から生活費を抑えていくことと、目標(予算)を決めることです。

収入が増えれば、当たり前だけど、もう少し余裕のある生活ができるようになるわよ!

生活費を節約できるポイント

生活費の予算を決めて、何も意識せずに予算通り生活できる方なら、そのままでも問題ありません。ただ社会人になってすぐは手取り額も少ないので、なかなか予算通りに生活するのは難しいでしょう。しかし、生活費を抑える方法って何があるんだろう?と思う方も多いと思います。

ここでは生活費を節約できるポイントを何点か紹介するので、自分にできることからチャレンジしてみてください。

家賃の安い物件に引越す

手間はかかりますが、大きな節約効果を期待できます。家賃はどれだけ努力しても変わらない固定費です。引越し時に引越し費用がかかりますが、家賃が1~2万程度変わるのであれば半年~1年程度で引越し費用分を回収できます。

すぐに行動するのは難しいかもしれませんが、長い目でみて物件探しからはじめてみましょう。

参考URL:【必見】WEBやネットで物件を探す時のメリットと注意すべきポイント‼

電気やガス契約の見直しをする

こちらも簡単かつ長い目でみて大きな節約効果を期待できます。ガス・電気の自由化に伴って、自分のライフスタイルに併せたガス・電気会社を選ぶことが重要になっています。月間でみると数百~千円の節約にしかなりませんが、年間で1万円程度の節約効果を期待できます。

らくらくMOVINGのらくらく代行手配では一人一人のライフスタイルにあわせた電気・ガス会社を案内しております。どこの会社を選べばいいかわからないという方は30秒で簡単申込ができるので、ぜひ活用してみてください!

▷代行手配はこちら!

格安SIMに切り替える

こちらも簡単かつ大きな節約効果を期待できます。現在主要キャリア(softbank,au,docomo)を利用している方は毎月の携帯代を3000~5000円程度安くできるでしょう。

デメリットとしては携帯のメールアドレスが使えなくなること等があげられますが、PCのメールアドレスを無料で利用できる世の中なので、生活に支障をきたすことはありません。

自炊する

食費をかなり抑えることができます。今まで自炊をしてこなかった人が毎日自炊するのは難しいと思いますので、まずは「週に3日は自炊する」というように徐々に自炊の機会を増やしていくといいでしょう。

ただし一人分の食事を作るのは意外と割高になってしまうこともあるので、作り置きできるメニューを選ぶとより大きな節約効果を期待できます。例えばカレーは作り置きできますし、調理方法も簡単なのではじめての自炊におすすめのメニューです。

お米を炊いて、冷凍保存するだけでも節約できるわよ!

頻繁に買うものをまとめ買いする

飲料水や生活用品といった頻繁に購入するものをamazon等でまとめ買いすることで、生活費を抑えることができます。

例えばお茶や水であれば2Lペットボトル1本あたり約10~20円程度の節約になります。1本あたりの節約は少なく感じるかもしれませんが「塵も積もれば山となる」です。100本買った時には約2000円程度の節約になります。

また他にもシャンプーや洗剤といった生活用品は1本あたりの単価も高いので、まとめ買いした時の節約額は大きくなるでしょう。

娯楽を我慢する

正直一番節約しやすい方法です。ただ我慢は長続きしません。

なんでもかんでも我慢するのではなく、優先順位を決めて浪費が少なくなるように努力をしましょう。

収入源を増やす

節約ではありませんが、給与所得以外の収入源を増やすこと(副業)も生活費を圧迫せずに生活する方法の一つです。

ただ副業をはじめる場合は継続的な積み重ねが重要になります。また即金性がない副業の場合は3ヵ月以上収入が0の場合もあります。また副業の種類によってはスキルも求められます。

即金性があり、専門的なスキルを必要としない不用品販売(メルカリ等)からはじめると金銭的なリスクもないのでおすすめです。詳しい方法はこちらでは解説しませんので、インターネット等で不用品販売の方法を検索してからはじめてみましょう。

関連記事

特集記事

TOP