おてがるでんきの評判や口コミは?料金プランの詳細・契約するメリットやデメリットも徹底解説!

電力会社

※当サイトでは一部アフィリエイト広告を利用しています。


おてがるでんきは株式会社エクスゲートが提供している電気サービスで、電気の他にも光回線や都市ガスなど様々なサービスを提供しています。

そんなおてがるでんきは基本料金無料やセット割引を前面に出して宣伝していますが、「実際はどのくらいお得になるの?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はおてがるでんきの料金プラン・メリット・デメリットを解説した上で、契約者の評判や口コミ、どんな方におすすめできる電力会社なのかを紹介します。おてがるでんきの契約を検討している方はぜひ参考にしてください。

おてがるでんきの基本情報

提供会社株式会社エクスゲート
供給エリア全国(沖縄・離島・一部地域を除く)
契約期間・解約金契約期間の縛り:無
解約金:無
支払方法口座振替、クレジットカード決済、QR決済、キャリア決済
セット割引電気とガスの契約でセット割引:有
市場連動型プラン独自燃料費調整制度あり

おてがるでんきの料金プラン

まずはおてがるでんきの料金プランを紹介します。おてがるでんきの料金プランは全部で3種類ありますが、そのうち一般家庭向けのプランはファミリーMプランの1種類のみです。

残りの2種類のプランは店舗や事業所向けのプランで、一般家庭で契約することは無いので今回は解説を省略します。

地域の大手電力会社との料金比較

おてがるでんきの料金プランと各地域大手電力会社の従量電灯プランの料金表を比較しました。自分の地域に該当する料金をご確認ください。

おてがるでんきの料金プランは全地域共通で基本料金が無料になっている点が特徴です。さらに、大手電力会社では電気使用量によって料金単価が変わる段階制料金を採用していますが、おてがるでんきはどれだけ電気を使用しても単価が変わらない従量制料金を採用しています。

その為、電力調達調整費等の諸費用を抜きにして考えると、電気を使えば使うほど段階的に価格が上がる大手電力会社よりも安くサービスを利用できます。

北海道エリア
おてがるでんき北海道電力
基本料金1契約:10A毎に0円374円
電力量料金~120kwh35.44円35.44円
121~280kwh35.44円41.73円
281kwh~35.44円45.45円
東北エリア
おてがるでんき東北電力
基本料金1契約:10A毎に0円369.60円
電力量料金~120kwh29.71円29.71円
121~300kwh29.71円36.46円
301kwh~29.71円40.41円
関東エリア
おてがるでんき東京電力
基本料金1契約:10A毎に0円295.24円
電力量料金~120kwh30.85円30.00円
121~300kwh30.85円36.60円
301kwh~30.85円40.69円
中部エリア
おてがるでんき中部電力
基本料金1契約:10A毎に0円297.00円
電力量料金~120kwh28.9円21.33円
121~300kwh28.9円25.80円
301kwh~28.9円28.75円
北陸エリア
おてがるでんき北陸電力
基本料金1契約:10A毎に0円302.50円
電力量料金~120kwh30.83円30.83円
121~300kwh30.83円34.72円
301kwh~30.83円36.43円
関西エリア
おてがるでんき関西電力
最低料金最初の15kwhまで0円433.41円
電力量料金16~120kwh25.54円20.31円
121~300kwh25.54円25.71円
301kwh~25.54円28.70円
中国エリア
おてがるでんき中国電力
最低料金最初の15kwhまで0円712.67円
電力量料金16~120kwh32.83円32.83円
121~300kwh32.83円39.51円
301kwh~32.83円41.63円
四国エリア
おてがるでんき四国電力
最低料金最初の11kwhまで0円667.00円
電力量料金12~120kwh30.66円30.66円
121~300kwh30.66円37.28円
301kwh~30.66円40.79円
九州エリア
おてがるでんき九州電力
基本料金1契約:10A毎に0円316.24円
電力量料金~120kwh25.4円18.28円
121~300kwh25.4円23.88円
301kwh~25.4円26.88円

独自燃料費調整制度による電気代高騰に注意

おてがるでんきは基本料金無料で、電力量料金単価もほぼすべての地域で大手電力会社よりも設定価格が低くなっています。そのため、月々の料金も安く済ませられると思われがちです。

しかし、おてがるでんきの提供しているプランは電気の仕入れ価格の変動を電気料金に反映する独自燃料費調整制度(電源調達調整費)を採用しています。その為、電気の市場価格が高騰している局面では高額な電気代を請求される可能性があるので注意しましょう。

電源調達調整費は下記画像の通りに算出され、毎月の電気代に加算(減算)されます。還元基準値や追加請求基準値は全国一律です。

また中部・関西・九州エリアについては電源調達調整費とは別で、地域の大手電力会社と同額の燃料費調整額も加算されるので注意しましょう。

このようにおてがるでんきは料金表の単価は低価格に抑えられているものの、電源調達調整費の上乗せにより実際の請求金額が高額になる可能性があります。おてがるでんきの公式サイトでは毎月、電源調達調整費の情報を掲載しているので、契約する場合は予定外の出費に備えて、随時チェックすることをおすすめします。

おてがるでんきについてもっと詳しく知りたい

おてがるでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

電源調達調整費に注意!

おてがるでんき公式サイト

またおてがるでんきのように、電気の仕入れ価格の変動に電気代が大きく左右される電力会社で契約するのは避けたいという方は、他の電力会社を探しましょう。当サイトでは各エリア毎にお得な電力会社を紹介しているので興味がある方はぜひ参考にしてください。

おてがるでんきのメリット・デメリット

次におてがるでんきを選ぶメリット・デメリットについて紹介します。

おてがるでんきのメリット

まずはおてがるでんきのメリットについて紹介します。

✅料金プランが大手電力会社よりも安い
✅ガスとセットで契約すると割引がある
✅初期費用・解約手数料無し

料金プランが大手電力会社よりも安い

おてがるでんきは上記でも比較した通り、大手電力会社よりも基本料金・電力量料金が低価格に設定されています。特に北海道や東北、北陸、中国の地域は一段階目の電力量料金は同額ですが、おてがるでんきの方が基本料金が無料になっているので最低限の電気使用量でも大手より安く利用できます。

ただし、独自の燃料費調整制度の影響で、電気の市場価格が高騰している場合は請求が高額になる可能性もあります。逆に言えば、電気の市場価格が落ち着いている局面であれば、非常にお得な電力会社と言えるでしょう。

ガスとセットで契約すると割引がある

おてがるでんきは電気サービスの他にもガス・光回線サービスなども提供しており、各サービスはセットで利用可能です。中でも電気とガスをセットで契約すると、ガスの基本料金が10%割引されます。

ただし、おてがるでんきのガスサービスは提供地域が関東・関西・中部エリアに限定されるので注意しましょう。またおてがるガスは他のガス会社の料金と比較してそれ程安い会社ではないので、無理にセット契約をする必要もないと言えるでしょう。ちなみにセット契約しない場合のガス会社はエルピオ都市ガスが各エリアで最安値水準の料金プランを提供しているのでおすすめです。

初期費用・解約手数料無し

おてがるでんきは契約手数料や解約手数料などが発生しません。さらに、契約期間の縛りが無いのでお試しで数か月だけ契約したい方も気軽に契約できます。

ただし、おてがる光とセットで契約して1年以内に解約する場合は、回線工事費用の残債を請求される場合があるので注意が必要です。

おてがるでんきのデメリット

続いておてがるでんきを契約した際のデメリットについて紹介します。

✅電気代の高騰リスクがある
✅地域・電気使用量によっては大手よりも高額
✅月々の料金や連絡事項はWebで確認しなければならない

電気代の高騰リスクがある

おてがるでんきはJEPX(一般社団法人 日本御電力取引所)から電気を仕入れて、家庭に電気を供給しています。そのような背景がある為、電気の仕入れ価格が高騰したら顧客にも高騰した分を負担してもらう仕組みになっています。

2022年の最も電気代が高騰していた時期では、一人暮らしの方でも1~2万程度の電気代が請求されたことがあるようです。おてがるでんきで契約する際はこのようなリスクを認識した上で申し込むようにしましょう。

地域・電気使用量によっては大手よりも高額

おてがるでんきは地域・電気使用量によっては大手電力会社よりも割高になる場合があります。

例えば、中部エリアは基本料金こそ中部電力よりもお得ですが、電力量料金は1~3段階目すべてにおいておてがるでんきの方が割高に設定されています。その為、電気使用量が多くなる程、中部電力の方がお得になります。

他にも関西エリアでは電力量料金の1,2段階目が関西電力の方がお得、3段階目以降がおてがるでんきの方がお得という料金設定の為、電気使用量が多くなる程、おてがるでんきの方がお得になります。

上記はあくまで一例です。おてがるでんきに申し込む際は、必ず事前に自分の地域や電気使用量で料金シミュレーションを行うようにしましょう。

月々の料金や連絡事項はWebで確認しなければならない

おてがるでんきで契約した場合、月々の料金や電気使用量はWebで確認しなければなりません。さらに、顧客に対する案内も基本的にWebサイトに掲載するのみの場合が多いようです。契約に関わる重要な事柄の変更があった場合や料金の見直しがあった場合も、直接お知らせしてくれる可能性は低いと言えます。(口コミ参照)

他にもおてがるでんきは顧客番号が記載されている会員証の再発行や明細書の発行にはそれぞれ手数料がかかるので、細々とした出費があるのも難点の1つです。

おてがるでんきの評判・口コミ

おてがるでんきの評判・口コミを調査したところ様々な口コミが見つかりました。下記では良い評判と悪い評判について紹介します。

おてがるでんきの良い評判

おてがるでんきの良い口コミは見つかりませんでした。

おてがるでんきの運営会社である株式会社エクスゲートは2017年創設で歴史が浅く、提供しているサービスも十分な知名度を得ていない可能性があり、契約者数が少ないことが口コミが少ない理由として考えられます。

しかし、後述しますが悪い口コミはいくつか見つかりました。知名度を得ていないでだけでなく、サービスの品質があまり良くないことも良い口コミがない理由と言えるかもしれません。

おてがるでんきの悪い評判

次におてがるでんきの悪い評判を見ていきましょう。

おてがるでんきはカスタマーサポートの窓口が設置されていますが、そのサポートが最悪という口コミです。この口コミの他にも「窓口に問い合わせたけど十分な回答や対応をしてもらえなかった。」という口コミも散見しました。顧客サポート・対応面では満足度が低い会社であることが伺えます。

悪い口コミの中でも特に多かったのが「電気料金が高額になった」という内容です。おてがるでんきは市場の電力価格に連動する電源調達調整を採用している為、想定以上に電気料金が高額になることがあり、急な高額請求に驚く方も多く存在します。また、過去を遡ると電源調達調整費の説明が不十分だったことも不評に関係しているようです。

この口コミも1つ前の口コミと同じく2022年のもので、この時期は丁度おてがるでんきが電源調達調整費を採用した時期でもあります。電源調達調整費についての説明が公式サイトへの掲載のみだった為、直接の説明が無いことに不信感を買っていたようです。

他にも料金表だけ見て安いと思い契約したら、電源調達調整費を追加徴収された為、前の電力会社よりも電気料金が上がったという口コミも見られました。

おてがるでんきはこんな方におすすめ

最後におてがるでんきの契約をおすすめする方を紹介します。

  • ガスや光回線サービス等をすべてセットで契約したい方

このような方におすすめの電力会社です。しかし、ガス・インターネットをセットで契約できる会社は他にもありますし、わざわざおてがるでんきを選ぶ理由はありません。

正直な話、おてがるでんきの口コミを見てわかる通り、あまりおすすめできる電力会社ではないというのが当サイトの結論です。

どうしてもおてがるでんきで契約したいという方は、期間限定キャンペーンを開催している時期もあるので、そのような時期を狙って申し込むことをおすすめします。

おてがるでんきについてもっと詳しく知りたい

おてがるでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

電源調達調整費に注意!

おてがるでんき公式サイト

当サイトが契約をおすすめする電力会社は他の記事でまとめています。各エリア毎にランキング形式でまとめているので興味がある方はそちらをぜひ参考にしてください。

関連記事

特集記事

TOP