【2024年6月】東京電力より電気代が安い電力会社厳選10社!おすすめ契約先を世帯人数別ランキングで紹介!

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

電力自由化によって、自分のライフスタイルにあった電力会社を選択することで、電気代を安く抑えられるようになりました。

今回は東京電力エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県<富士川以東>)でおすすめの電力会社を紹介します。今よりも安全かつおトクに電気を利用したい、引越し先でおトクに電気を利用したいという方はぜひ参考にしてください。

30秒でわかる!失敗しない電力会社の選び方!

  • 自分の使用量で一番安い電力会社を選ぶのが正解
  • 電力会社毎で電気の質や停電のしやすさは変わらない
  • 大手企業や供給実績が多い電力会社ならさらに安心
  • 初期費用・解約金0円の会社以外は契約しない
  • 市場連動型・独自燃調(一部を除く)の会社とは契約しない

結論:一人暮らし~ファミリー世帯で最もおすすめの電力会社は「オクトパスエナジー」

オクトパスエナジーロゴ

総額15,000円の電気代割引キャンペーン実施中!

オクトパスエナジー公式サイト

※当記事では2024年6月以降の電気料金改訂を加味した上で料金比較を行っております。最新の料金比較情報をお求めの方もご安心ください。

関東の電力会社ランキングTOP10

電力会社によって電気の質は変わらない為、自分の電気使用量で最も安くなる電力会社を選ぶのが正解です。そこで東京電力エリアで選べる電力会社を10社ピックアップして安さランキングを作成しました。

ガスとセットで契約することで光熱費を大幅に光熱費を削減できる会社もあるので「電気単体で契約した場合」「電気・ガスをセットで契約した場合」の2パターンをそれぞれ見ていきましょう。

電気単体で契約した場合

順位電力会社電気料金
(月間)
東京電力との
年間差額
1オクトパスエナジー4,120円39,636円安い
2ストエネ電気5,280円25,716円安い
3Japan電力5,400円24,276円安い
4東京ガス7,232円2,292円安い
5CDエナジーダイレクト7,265円1,896円安い
6Pontaでんき7,271円1,824円安い
7ENEOSでんき7,289円1,608円安い
8idemitsuでんき7,292円1,572円安い
9エネワンでんき7,390円396円安い
10東京電力7,423円0円
一人暮らしの平均電気使用量:30A・200kwhで算出
燃料費調整額・再エネ賦課金は含まない。キャンペーン割引を含む。

*¹独自燃料費調整制度を採用しているため、燃料費が高騰した際の電気代の高騰リスクが高い。

電気単体で契約する場合、世帯構成に関わらず「オクトパスエナジー」が最も電気代を安くできることがわかりました。オクトパスエナジーは基本料金は東京電力とほぼ同水準ですが、電力量料金が大幅に安く設定されていることに加えて、特設サイト限定特典で総額15,000円の電気代割引があることで最安値の電力会社となっています。

また、オクトパスエナジーはストエネ電気やJapan電力のように独自燃料費調整制度を導入しているわけではないので、電気代の高騰リスクも低い点も魅力です。ただし、燃料費調整額の計算式が東京電力で以前使われていたものと同じなので、燃料費調整単価が少し割高に設定されている点は注意しましょう。

ちなみに、燃料費調整単価が割高に設定されていてもオクトパスエナジーが関東最安値であることに変わりはありません。というのも、4位以下の電力会社とオクトパスエナジーの2024年5月度の燃料費調整単価の差額は1kwhあたり10.84円です。この差額分をオクトパスエナジーの電気代に上乗せすることでフラットな状態での料金比較が可能となるため、下記表に燃料費調整額を調整した後のオクトパスエナジーの料金をまとめました。

オクトパスエナジー
※燃料費調整単価 差額調整後
電気料金(月間)
一人暮らし6,288円
二人暮らし10,192円
三~五人暮らし14,020円
※燃料費調整単価参考(2024年5月):東京電力など4位以下の電力会社:-5.64円/kwh オクトパスエナジー:5.20円/kwh

このように、上記金額でランキング表をみてもオクトパスエナジーが関東最安値の料金プランを提供していることがわかります。

オクトパスエナジーについてもっと詳しく知りたい

オクトパスエナジーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

総額15,000円の電気代割引キャンペーン実施中!

オクトパスエナジー公式サイト

電気・ガスをセットで契約した場合

順位電力・ガス会社セット料金
(月間)
東京電力+東京ガス
との年間差額
1CDエナジーダイレクト10,762円3,912円安い
2ENEOSでんき10,808円3,360円安い
3東京ガス10,861円2,724円安い
4東京ガス+東京電力11,088円0円
一人暮らしの平均電気使用量:30A・200kwh・ガス使用量20㎥で算出
燃料費調整額・再エネ賦課金・原料費調整額は含まない。キャンペーン割引を含む。

*¹東京ガスのガス(一般料金)と電気(基本プラン) で契約の場合。使用場所・契約者が同じかつ、ガスと電気料金を合算して支払できる方がセット割引の対象となります。

電気・ガスをセットで契約した場合、世帯人数に関わらず「CDエナジーダイレクト」が最も安くなることがわかりました。CDエナジーダイレクトは中部電力と大阪ガスが共同出資して設立した会社の為、会社の規模感も申し分ありません。

また、電気とガスをセットで契約することで支払額から0.5%のセット割引がつきます。他にもランキングの計算式には含んでおりませんが、CDエナジーダイレクトはポイント還元も充実している点も魅力的です。

CDエナジーダイレクトについてもっと詳しく知りたい

CDエナジーダイレクトは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

関東最安値のセットプラン!

CDエナジー公式サイト

電気単体契約で最安値だったオクトパスエナジーはガスサービスを提供していないため、そもそもセット契約ができません。どうしてもオクトパスエナジーで契約したい方のガス会社は「エルピオ都市ガス」がおすすめです。

エルピオ都市ガスは東京ガスより約5~6%ガス料金単価が安く設定されており、関東最安値のガス料金プランを提供しているので光熱費を極限まで削減したい方はぜひ公式サイトで詳細を確認してみてください。

エルピオ都市ガスについてもっと詳しく知りたい

エルピオ都市ガスは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)
関連記事:最安値って本当?エルピオ都市ガスの評判や口コミを徹底調査!メリットやデメリットも紹介

関東最安値のガス料金プラン!

エルピオ公式サイト

当サイトおすすめの厳選電力会社7選

先程、電力会社選びは安さを最も重視すべきと説明しました。その考え方自体は間違いではありませんが「提供会社の規模感」「ポイント還元の充実度」「セットプランの有無」等、総合的に判断する視点も重要です。

そこで当サイトが総合的な視点から厳選した電力会社を7社紹介します。

オクトパスエナジー

オクトパスエナジー
オクトパスエナジーに申し込むと
年間39,636円~68,880円 程度おトク!
総合評価17点/20点(1位)
料金の安さ★★★★★(5点/5点)
セット割引・その他特典★★☆☆☆(2点/5点)
※セット契約不可
キャンペーン・ポイント還元★★★★★(5点/5点)
提供会社の規模感★★★★★(5点/5点)

おすすめポイント

✅世帯人数に関わらず、関東最安値の料金プラン
✅東京電力よりも電気使用量に関わらず電気料金が安い
✅実質再生可能エネルギー100%の電気を供給している
✅東京ガスの子会社で、日本を含む世界8ヵ国で300万件以上の供給実績があるため安心

✅特設サイト限定特典で総額15,000円の電気代割引キャンペーン実施中!(当サイト経由)

1社目は東京ガスの子会社でもあるTGオクトパスエナジー株式会社が提供するオクトパスエナジーです。日本を含む世界8か国で300万件以上の供給実績もあるので、安心して契約できる電力会社です。

オクトパスエナジー最大の魅力は、関東エリアで最安値の電気料金プランを提供している点です。基本料金は東京電力とほぼ同水準となっていますが、電力量料金が第1段階から安く設定されているので、電気使用量に関わらずお得に電気を利用できます。そのため、電気使用量が少ない一人暮らしの方でも安心して契約できます。

オクトパスエナジーでは、CO2の排出量が少ない再生可能エネルギー100%の電気を供給しています。電気代を安く抑えながら、環境に優しい電気を利用できるのもオクトパスエナジーをおすすめできるポイントの1つです。

さらに現在は特設サイト経由で申込された方全員に総額15,000円の電気代が割引されるキャンペーンを実施中です。オクトパスエナジーで契約して、初回請求時から毎月1,250円×12カ月間にわたって、自動的に電気代が割引されるという仕組みです。そのため、面倒な手続きや申請をする必要がなく、特典の受取忘れもないので安心です。

オクトパスエナジーについてもっと詳しく知りたい

オクトパスエナジーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

総額15,000円の電気代割引キャンペーン実施中!

オクトパスエナジー公式サイト

東京ガス

電気とガスをセットで申し込むと
年間
2,724円~8,472円 程度おトク!
総合評価16点/20点(2位)
料金の安さ★★★☆☆(3点/5点)
セット割引・その他特典★★★★☆(4点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★★★★(5点/5点)
提供会社の規模感★★★★★(5点/5点)

おすすめポイント

✅電気使用量に関わらず、東京電力よりも安い電気料金プラン
✅電気とガスをセットで申し込むと電気料金から0.5%割引される(基本プランの場合)
✅今なら電気の新規申込で電気代の基本料金が1ヵ月分無料
関東で最大手のガス会社かつ新電力販売量1位*の為、電力供給にも安心感がある
*資源エネルギー庁電力調査統計「電力需要実績」(2023年11月時点)における、みなし小売電気事業者以外の事業者(新電力)での低圧電力の需要実績値。

2社目は関東エリアの大手ガス会社が提供している東京ガスです。関東エリアに住んでいる方で名前を知らない人はいない大企業かつ実績がある電力会社なので、電力供給に対しても安心感があります。

電気料金も東京電力よりも電力量料金が安く設定されているので、*¹電気使用量に関わらず電気代を安くできます。また*電気とガスをセットで申し込むことで*²セット割引が適用される点もうれしいポイントです。セット割引では、電気の料金メニューが基本プランの場合は電気料金から0.5%が割引、ずっとも電気3の場合は毎月の電気基本料金から275円が割引されます。

さらに今なら新規申込で電気代の基本料金が1ヵ月間無料になるので、東京ガスでの申込を検討している方はこの機会を逃さないようにしましょう。

大手企業で契約したい、かつ少しでも電気料金を安くしたい方に非常におすすめの電力会社です。

〇注釈
*¹東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限を設けておりません。そのため、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べ、高くなる場合があります。
*²東京ガスのガスと電気(基本プラン・ずっとも電気3) の使用場所および契約者が同じであり、ガス料金と電気料金を合算してお支払できる方がセット割引の対象となります。

東京ガスについてもっと詳しく知りたい

東京ガスは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

新規申込で電気基本料金1ヵ月無料!

東京ガス公式サイト

CDエナジーダイレクト

電気とガスをセットで申し込むと
年間3,912円~11,664円 程度おトク!
総合評価15点/20点(3位)
料金の安さ★★★☆☆(3点/5点)
セット割引・その他特典★★★★☆(4点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★★☆☆(3点/5点)
提供会社の規模感★★★★★(5点/5点)

おすすめポイント

✅電気とガスをセットで申し込むと関東最安値
✅電気とガスをセットで契約するとそれぞれの料金から0.5%割引される
✅電気・ガス料金100円につき1円分のポイントが貯まる

✅誕生日・行事イベント毎に大のポイントがもらえる
✅中部電力と大阪ガスが設立した会社なので安心感がある

3社目は中部電力と大阪ガスが共同設立した会社、CDエナジーダイレクトです。

電気単体でみても東京電力よりも3~4%程度安くなることに加えて、ガスとセットで申し込むとさらにそれぞれの料金から0.5%の割引があります。セット契約できる会社の中では関東最安値の料金となります。

ポイントサービスも充実していて、電気・ガス料金100円につき1ポイント(=1円)の還元も受けられます。このポイントはそのまま電気やガス料金の支払に充てることができるのでさらに節約額は大きくなります。

また近年は世界情勢の影響もあるので、大手会社で契約する安心感を求めるユーザーが増えている傾向にあります。その点、CDエナジーダイレクトは中部電力と大阪ガスが関東エリアでの電気・ガス販売を目的に共同設立した会社なので、大手の安心感もあります。

セットで申し込むのであれば、最も安く、安心感のあるCDエナジーダイレクトを選ぶことをおすすめします。

関連記事:【2024年最新】東京(関東)でおすすめのガス会社は?世帯人数別で安さランキングを紹介!【東京ガスエリア】

CDエナジーダイレクトについてもっと詳しく知りたい

CDエナジーダイレクトは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

関東最安値のセットプラン!

CDエナジー公式サイト

idemitsuでんき

idemitsuでんき
idemitsuでんきに申し込むと
年間1,572円~7,608円 程度おトク!
総合評価13点/20点(4位)
料金の安さ★★★☆☆(3点/5点)
セット割引・その他特典★★★☆☆(3点/5点)
※セット契約不可
キャンペーン・ポイント還元等★★☆☆☆(2点/5点)
提供会社の規模感★★★★★(5点/5点)

おすすめポイント

✅東京電力より電力量料金の第2,3段階目が安い
カーオプションで自動車利用者はガソリン代や電気代の割引が適用される

✅出光興産グループが提供している電力サービスの為、供給面も安心

4社目は出光興産グループが提供しているidemitsuでんきです。idemitsuでんきは東京電力よりも電力量料金の第2,3段階目が安く設定されている為、電気使用量が多くなる程電気代が安くなります。逆に電気使用量が少ない場合は、節約効果があまり期待できませんが、東京電力より高くなることはないので安心です。

他の電力会社との大きな違いは自動車利用者にガソリン代や電気代の割引が適用される点です。具体的には「ガソリンコース」と「EVコース」の2種類があり、ガソリンコースの場合は対象サービスステーションの給油でガソリン(レギュラー・ハイオク)・軽油が2円/ℓ引きされます。EVコースの場合は電気自動車に乗っている方が対象で毎月の電気代が定額で200円引きされます。

ただしidemitsuでんきにはガスとのセットプランがありません。電気をidemitsuでんきで契約したい方はガス会社は「エルピオ都市ガス」がおすすめです。エルピオ都市ガスは関東エリアでガス単体で契約する場合は最安値のガス会社です。今ならガス料金の割引キャンペーンも実施中です。

idemitsuでんきについてもっと詳しく知りたい

idemitsuでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

自動車利用者に特におすすめ!

idemitsuでんき公式サイト

ストエネ電気

ストエネ電気ロゴ
ストエネ電気に申し込むと
年間25,716円~58,368円 程度おトク!

※市場価格調整額によっておトク額が異なる可能性があります
総合評価12点/20点(5位)
料金の安さ★★★★★(5点/5点)
セット割引・その他特典★★☆☆☆(2点/5点)
キャンペーン・ポイント還元等★★☆☆☆(2点/5点)
提供会社の規模感★★★☆☆(3点/5点)

おすすめポイント

✅基本料金0円+均一の電力量料金のシンプルな料金体系
✅支払方法をクレジットカードにすることで電気代1,000円が割引される
✅電気使用量が多くなる程、電気代がお得になる

5社目はストエネ電気です。サービス提供開始が比較的最近なので、知名度は高くありませんが、急激に利用者数が増加している電力会社です。

ストエネ電気では様々な料金プランが提供されていますが、最もおトクかつおすすめの料金プランは「フリープラン」です。フリープランは基本料金0円+均一の電力量料金のようなシンプルな料金体系です。また、電力量料金が26.4円と他の電力会社と比べても割安に設定されているため、電気代が安くなりやすいという特徴があります。

さらに、フリープランは基本的には電気使用量が多くなる程おトクになりやすい料金プランですが、基本料金が0円ということもあり、電気使用量が少ない方でも電気代が安くなりやすいのでおすすめです。

ただし、ストエネ電気は独自燃料費調整制度を導入しており、東京電力やオクトパスエナジーなどとは燃料費調整額(市場価格調整額)の計算方法が異なります。ストエネ電気は市場の電力価格が電気代に反映されやすいので、電気代が高騰しやすいリスクがある点には注意しましょう。

ストエネ電気についてもっと詳しく知りたい

ストエネ電気は公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

電気使用量が多い程おトク!

ストエネ電気公式サイト

Japan電力

Japan電力に申し込むと
年間24,276円~55,488円 程度おトク!

※電源調達調整費によっておトク額が異なる可能性があります
総合評価12点/20点(6位)
料金の安さ★★★★★(5点/5点)
セット割引・その他特典★☆☆☆☆(1点/5点)
※セット契約不可
キャンペーン・ポイント還元等★★☆☆☆(2点/5点)
提供会社の規模感★★★★☆(4点/5点)

おすすめポイント

✅基本料金0円のシンプルな料金プラン
✅電気使用量が多くなる程、電気代がお得になる

✅累計5.2万件以上の供給実績があるため、安心

6社目はJapan電力株式会社が提供しているJapan電力です。これまで紹介した電力会社よりも提供会社の規模感は劣りますが、累計5.2万件以上の供給実績がある為、供給面についても安心です。

Japan電力の魅力は料金の安さです。電気使用量が多くなる程、おトクになる料金プランを提供しています。また、基本料金が0円かつ電力量料金が2段階のシンプルな料金プランなので毎月の支払額を管理しやすい点もうれしいポイントです。

ただし、Japan電力にはガスとのセットプランがありません。電気をJapan電力で契約したい方はガス会社は「エルピオ都市ガス」がおすすめです。エルピオ都市ガスは関東エリアでガス単体で契約する場合は最安値のガス会社です。今ならガス料金4,000円割引キャンペーンも実施中です。

Japan電力についてもっと詳しく知りたい

Japan電力は公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

電気使用量が多くなる程おトク!

Japan電力公式サイト

Pontaでんき

Pontaでんき
Pontaでんきに申し込むと
年間1,824円~1,848円 程度おトク!
総合評価11点/20点(7位)
料金の安さ★★☆☆☆(2点/5点)
セット割引・特典★☆☆☆☆(1点/5点)
※セット契約不可
キャンペーン・ポイント還元等★★★★☆(4点/5点)
提供会社の規模感★★★★☆(4点/5点)

おすすめポイント

✅東京電力とほぼ同水準の料金プラン
✅毎月150円分のPontaポイントが貯まる
✅auエネルギー&ライフが提供する電気の為、供給面も安心

7社目はPontaポイントでお馴染みのPontaでんきです。電気の料金プランは東京電力とほぼ同水準の為、節約効果はほとんど期待できませんが、その代わりに毎月Pontaポイントが150ポイントずつ貯まります。

Pontaポイントは電気代の請求額に関わらず一律で付与されるので、電気代の請求額が安い一人暮らしの方でPontaポイントを貯めている方には非常におすすめです。逆に電気代の請求額が多い方は定額のポイント還元の恩恵を受けにくいので、他の電力会社がおすすめです。

またPontaでんきにはガスとのセットプランがありません。電気をPontaでんきで契約したい方はガス会社は「エルピオ都市ガス」がおすすめです。エルピオ都市ガスは関東エリアでガス単体で契約する場合は最安値のガス会社です。

Pontaでんきについてもっと詳しく知りたい

Pontaでんきは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

毎月Pontaポイントが貯まる!

Pontaでんき公式サイト

最短即日で電気を開通したい方におすすめの電力会社

楽々でんき新生活安心プラン

ここまで紹介してきた電力会社はいずれもお得な電力会社であることは間違いありませんが、申込から最短でも3~4営業日以降でないと電気の開通ができません。しかし、中には引越し当日・直前まで電気の申込を忘れていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方におすすめの電力会社が「楽々でんき」です。楽々でんきは当日18時までのWeb申込で、最短即日で電気の開通が可能です。

東京電力と楽々でんきの比較

東京電力の従量電灯プランと楽々でんきの新生活安心プランの比較表を作成しました。

楽々でんき
新生活安心プラン
東京電力
基本料金1契約:10A毎に265.716円
(10%割引)
295.24円
電力量料金~120kwh27.00円30.00円
121~300kwh36.6円
301kwh~40.69円

上記表を見ると、楽々でんきの新生活安心プランは東京電力の従量電灯プランよりも料金単価が安く設定されていることがわかります。また新生活安心プランには契約者特典として、駆けつけサービスが無料で付帯されるので、電気・ガス・水道等のトラブルが起きても安心です。

さらに、当サイト限定特典として、通常3,850円かかる契約手数料が、楽々でんきの支払登録(クレカor口座)をすることで無料になります。

ただし、楽々でんきの注意点としてWeb申込後に、事業者からかかってくる電話に出ないと電気の開通手続きが進まないことがあげられます。かかってくる電話は簡単な確認作業なので事前に準備等は不要ですが、電気を開通するために必ず対応するようにしましょう。

関連記事:【お急ぎの方】引越し当日に電気を即日開通させる方法は?手続きを忘れていても間に合います!

楽々でんきについてもっと詳しく知りたい

楽々でんきは公式サイトよりWEB申込ができます。(24時間受付可)

電気代がお得&駆けつけサービスが無料!

楽々でんき公式サイト

電気代高騰時におすすめの電力会社

昨今、燃料費調整額の高騰に伴う、電気代の高騰が話題となっています。電気代高騰リスクを最小限に抑えるために、東京電力での契約を考えている方も多いのではないでしょうか?

そのような方におすすめの電力会社が「四つ葉電力」です。四つ葉電力は「基本料金」「燃料調整費」「再エネ賦課金」「容量拠出金」「託送料金」がすべて0円で、固定の電力量料金のみがかかるという料金プランを提供しています。つまり、電気代が市場状況によって変動しないので、本当の意味で電気を使った分だけの安心安全な料金プランとなっています。

東京電力と四つ葉電力の比較

ここでは東京電力と四つ葉電力の電気代を比較します。四つ葉電力の料金プランは料金表の単価だけで見ても比較ができないので、燃料費調整額や再エネ賦課金等もすべて加味した実際の請求金額で比較する必要があります。

下記表は、2024年7月度における電気使用量別の電気代請求額の比較表です。

四つ葉電力東京電力
30A/120kwh5,400円4,199円
30A/200kwh9,000円6,903円
40A/300kwh13,500円10,595円
40A/400kwh18,000円14,384円
50A/500kwh22,500円18,485円
※電気・ガス激変緩和対策事業による割引は、両社ともに同額で反映されるため料金試算には含まない

この表を見ると2024年7月度においては、四つ葉電力の方が割高になっていることがわかります。このように、四つ葉電力は燃料費調整額が現在のように落ち着いている状況においては割高な電力会社となります。ちなみに、東京電力の2024年7月度の燃料調整単価は「-6.09円/kwh」でした。

逆に、この燃料費調整単価が「7.0円/kwh」だった場合を見てみると、両社の電気代は以下の通りです。

四つ葉電力東京電力
30A/120kwh5,400円5,519円
30A/200kwh9,000円9,103円
40A/300kwh13,500円13,895円
40A/400kwh18,000円18,784円
50A/500kwh22,500円23,985円

このように燃料費調整額が高騰している状況下においては、四つ葉電力の方が東京電力よりもおトクに電気を利用できます。

不安定な世界情勢のため、今後、燃料費調整額がいつ高騰するかわかりません。もしも電気代や燃料費調整額が高騰しているというニュースを見かけたら、四つ葉電力の申込を検討してみてください。

四つ葉電力についてもっと詳しく知りたい

四つ葉電力は公式サイトよりWEB申込ができます。(24時間受付可)

電気代高騰時に安くなる電力会社!

四つ葉電力公式サイト

オール電化物件におすすめの電力会社

続いて東京電力エリアでおすすめのオール電化プランを紹介します。オール電化向けの料金プランを提供している新電力会社でおすすめの電力会社はHTBエナジーの「ぜんぶでんき」プランです。東京電力のオール電化プラン「スマートライフプラン」との料金比較を見てみましょう。

東京電力とHTBエナジーの比較

東京電力とHTBエナジーのオール電化プランの比較表を作成しました。

HTBエナジー東京電力
基本料金10A毎に286.00円/kW295.24円/kW
電力量料金午前6時~翌午前1時25.28円
(30%割引)
35.96円
午前1時~午前6時17.78円
(37%割引)
28.06円

料金単価を比較するとHTBエナジーの方が基本料金・電力量料金がどちらも東京電力よりも安いことがわかります。またかけつけサービス「あんしんサポート365」が無料で付帯されるので、水回りや鍵紛失等のトラブルが起きた際も安心です。

オール電化物件でないと契約できない点には注意が必要ですが、関東エリアでオール電化家庭の方はHTBエナジーの「ぜんぶでんき」プランの申込を検討してみてください。

HTBエナジーについて詳しく知りたい

HTBエナジーは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。(24時間受付可)

オール電化プランがおすすめ!

HTBエナジー公式サイト

電力会社を選ぶ際に注意すべきポイント

ここでは電力会社を選ぶ際に注意すべきポイントを解説します。冒頭でも簡単に触れましたが、次の5点に注意して電力会社を選ぶことで失敗する可能性が低くなります。

自分の使用量で一番安い会社を選ぶ

新電力会社であっても東京電力と電気の質や停電のしやすさは変わりません。その為、自分の料金が一番安くなる電力会社を選ぶことが最も重要です。

そこで注意しなければならないのは電気使用量によって最安の電力会社は異なるということです。まずは自分の月間電気使用量を把握してから、この記事で紹介しているランキングを参考に安い電力会社を選ぶようにしましょう。

大手企業や供給実績が多い電力会社を選ぶ

会社の規模感によって電気の質や使用感は変わりませんが、できる限り大手企業や供給実績が多い電力会社での契約をおすすめします。

理由は中小規模の電力会社の場合、倒産リスクや料金プランの値上げリスクが高まるからです。大手企業や供給実績が多い電力会社であっても100%倒産リスクがないとは言えませんが、中小企業と比べてどうかは言うまでもないでしょう。また大手企業や実績のある会社の方がお客様サポートが充実している場合が多いです。

初期費用・解約金0円の会社を選ぶ

基本的には初期費用・解約金0円の電力会社がほとんどですが、一部初期費用や解約金がかかる電力会社があります。そのような電力会社は選ばないように注意しましょう。

もしも自分の契約している電力会社が値上げを発表した場合に初期費用や解約金がかかると気軽に切り替えができなくなります。

市場連動型・独自燃調の会社は避ける

昨今の世界情勢の影響で電気の市場価格が高騰し、市場連動型・独自燃料費調整制度を採用している会社に法外な電気料金を請求されたことがニュースにもなりました。

電気の市場価格が落ち着いている時は問題ありませんが、電気料金の高騰リスクが常に付き纏うことになるのでおすすめしません。

電力会社を切り替える際のよくある質問

最後に電力会社を乗り換える際のよくある質問を紹介します。

結局どの電力会社がおすすめなの?

当サイトが東京電力エリアでおすすめする電力会社は、電気単体で契約するなら「オクトパスエナジー」、セット契約するなら「東京ガス」「CDエナジーダイレクト」です。

それぞれのテキストリンクから公式サイトに飛べるので詳しく知りたい方そちらもぜひ参考にしてください。

最短日で電気を開通できる電力会社はどこ?

今回紹介した電力会社の中で最も早く電気を開通できる電力会社は「CDエナジーダイレクト」です。申込日から最短3営業日後に電気を開通できる為、引越し日が近い方でも安心です。

またどうしても今日明日中に電気を使えるようにしたい方は「楽々でんき」「東京電力」のどちらかで申込をしましょう。どちらも最短当日中に電気を使えるようになりますが、他の電力会社よりも割高な料金設定となっています。その為、電気がつくことを確認したら、他の電力会社への乗り換えを検討しましょう。

東京電力から電力会社を乗り換えても大丈夫なの?

今までずっと東京電力を利用していた方からすると新電力会社に乗り換えることを不安に思う気持ちはわかります。ただ結論から言うと乗り換えても全く問題はありません。

電気の質は東京電力と変わりません

まず電気の質は新電力に切り替えても東京電力と変わることはありません。新電力の多くは東京電力が利用しているのと同じ発電所で作られた電気を利用しています。また新電力は再生可能エネルギーを積極的に取り入れていますが、発電方法が変わったからといって電気の使用感が変わることはありません。

東京電力より停電しやすくなることもありません

新電力会社は東京電力と同じ送電網を利用して家庭に電気を供給しています。確かに電線や電柱などでトラブルがあれば停電が起きることはありますが、それは新電力だけでなく東京電力でも同様に停電がおきます。つまり新電力だから停電しやすくなるというわけではありません。

電力会社を乗り換える際に必要なことってある?

電力自由化によって、電力会社を自分で選べるようになりました。電力会社を乗り換えるのは全員に等しく与えられている権利なので必要な条件等はないので安心してください。

ただ電力会社を乗り換える為に必要な情報として「契約中の電力会社の名称」「供給地点特定番号」「お客様(契約者)番号」を準備しておくとスムーズに申込手続きができます。

関連記事

特集記事

TOP