CDエナジーダイレクトとENEOSでんきのセットプランを徹底比較!電気とガスをまとめるとお得な会社はどっち?

家庭の節約術
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ENEOSは石油製品の精製販売やガスの輸入などを行う日本屈指のエネルギー企業です。石油元売会社の一つで、近年は電気やガスの小売り事業にも参入しています。CDエナジーダイレクトは大阪ガスと中部電力ミライズが共同で設立した会社で、関東エリアで電気・ガスのサービスを提供しています。

知名度が高い2つの会社ですが、どちらのセットプランが安いのか気になる方も多いのではないでしょうか?

今回はCDエナジーダイレクトとENEOSでんき・ENEOS都市ガスの電気・ガス料金のプランを比較・分析しました。2つの会社の料金やサービス内容の違いを確認したい方は、ぜひ参考にしてください。

CDエナジーダイレクトとENEOSの電気料金比較

はじめに、CDエナジーダイレクトとENEOSの電気料金プランを比較します。両社が一般家庭向けに提供している電気料金プランは下記の通りです。

料金プラン対象者
CDエナジーダイレクトベーシックでんき契約電流10A~60Aの方
スマートでんき契約電流10A~60Aの方
オール電化住宅に住んでいる方
ファミリーでんき電気使用量が月400kWh以上の方
シングルでんき電気使用量が月150kwh以下の方
ENEOSでんき東京Vプラン契約電流10A~60Aの方

CDエナジーダイレクトの電気料金プラン

CDエナジーダイレクトが提供している一般家庭向けのプランは全部で4つです。「ベーシックでんき」「スマートでんき」「ファミリーでんき」「シングルでんき」の中から、自分のライフスタイルにあった料金プランを選ぶ必要があります。

CDエナジーダイレクトはガスとのセット契約がお得!

「ベーシックでんき」「ファミリーでんき」「シングルでんき」のプランとガスサービスを一緒に契約すると「ガスセット割」が適用されます。毎月の電気・ガス料金の基本料金・電力量料金から0.5%が割り引かれるので非常にお得です。

ベーシックでんき

CDエナジーダイレクトの料金プランの中で基準となる料金プランです。東京電力の従量電灯に相当する料金プランで東京電力よりも電気使用量に関わらず電気料金が安くなるように料金単価が設定されています

CDエナジーダイレクトの料金プラン選びで迷ったら、ベーシックでんきにしておけば間違いがありません。

ベーシックでんきBの料金表
ベーシックでんきB
基本料金10A267.66円
15A401.49円
20A535.32円
30A802.98円
40A1,070.64円
50A1,338.30円
60A1,605.96円
電力量料金~120kwh19.78円
121~300kwh25.47円
301kwh~26.38円

スマートでんき

スマートでんきプランはオール電化住宅に向けの料金プランです。エコキュートや蓄電池を利用したい方に向いています。

ただし、エコキュートや蓄電池を使わないのであればベーシックでんきの方が電気料金が安くなるので注意しましょう。

スマートでんきの料金表
スマートでんきB
基本料金10A286.66円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電力量料金午前6時から翌日午前1時25.80円
午前1時~午前6時17.78円

ファミリーでんき

ファミリーでんきは、電気使用量が多い方や世帯人数が多い方向けの料金プランです。このプランを選択する目安は、一カ月の電気使用量が400kWh以上を超えているか否かです。400kWh以上の家庭であれば、ベーシックでんきよりもお得に利用できます。

ファミリーでんきは電気使用量や世帯人数と関係なく選択できる料金プランです。しかし、300kWhまで月額7,049.16円の定額料金となっているため、電気使用量が少ない家庭ではベーシックでんきよりも割高になってしまいます。

電気使用量が400kwh以下の家庭であれば、ベーシックでんきで契約したほうがお得です。

ファミリーでんきの料金表
ファミリーでんき
基本料金10A267.66円
15A401.49円
20A535.32円
30A802.98円
40A1,070.64円
50A1,338.30円
60A1,605.96.円
電力量料金300kWhまで(定額)7,049.16円
301kWh以上25.47円

シングルでんき

シングルでんきは単身者など電気使用量が少ない人向けのプランです。月間使用量が150kWhを下回る場合、ベーシックでんきよりもお得な料金となります。ただし、30A以上でなければ契約ができないので、20A以下で契約したい方は注意が必要です。

シングルでんき料金の特徴は、電気の請求金額から一律で100円割り引かれることです。しかし、もともとの料金単価がベーシックでんきよりも高く設定されているため、150kWh以上使用すると割高になってしまいます。

シングルでんきの料金表
シングルでんき
基本料金30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電力量料金120kWhまで19.88円
121kWh~300kWhまで26.48円
301kWh以上30.57円

CDエナジーダイレクトについてもっと詳しく知りたい

CDエナジーダイレクトは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。

関東エリアで最安値水準の電気料金プラン!

CDエナジーダイレクト公式サイト

ENEOSでんきの電気料金プラン

ENEOSでんきが関東地区で一般向けに提供しているプランは「東京Vプラン」の1種類です。

東京Vプラン

ENEOSでんきは全国に電力サービスを提供していますが、関東地区に関しては「東京Vプラン」が適用されます。東京Vプランは東京電力の従量電灯、CDエナジーダイレクトのベーシックでんきに相当する料金プランです。

東京電力の従量電灯プランと比較すると、電気使用量に関わらず電気料金がお得になります。

CDエナジーダイレクトとの比較は後述しますが、基本的にはENEOSでんきの方が若干割高な料金設定となっています。

東京Vプランの料金表
東京Vプラン
基本料金10A295.29円
15A442.94円
20A590.58円
30A885.87円
40A1,181.16円
50A1,476.45円
60A1,771.74円
電力量料金120kWhまで19.97円
121kWh~300kWhまで24.63円
301kWh以上26.31円

【CDエナジーダイレクトvsENEOSでんき】電気料金比較表

CDエナジーダイレクトとENEOSでんきの電気料金を電気使用量別で比較しました。自分のライフスタイルに近いものを参考にしてください。

電気使用量CDエナジー
ベーシックでんき
CDエナジー
ファミリーでんき
ENEOSでんき
東京Vプラン
20A・120kWh2,908円7,581円2,986円
30A・200kWh5,214円7,852円5,252円
40A・250kWh6,755円8,119円6,779円
40A・300kWh8,028円8,119円8,010円
40A・400kWh10,666円10,666円10,641円
50A・500kWh13,572円13,481円13,568円

基本的にはCDエナジーダイレクトのベーシックでんきやファミリーでんきがお得ですが、一部条件においてはENEOSでんきの東京Vプランがお得という結果になりました。

ただし、両社の電気料金の差額は数十円程度の僅かなものなので、電気料金はほぼ同じと考えてもいいでしょう。

関連記事:東京電力より電気代が安い電力会社厳選10社!おすすめ契約先を世帯人数別ランキングで紹介!

CDエナジーダイレクトとENEOS都市ガスのガス料金比較

次にCDエナジーダイレクトとENEOS都市ガスのガス料金プランを比べます。両社が一般家庭向けに提供しているガス料金プランは下記の通りです。

料金プラン対象者
CDエナジーダイレクトベーシックガス誰でも契約可能
ENEOS都市ガス標準プラン誰でも契約可能

CDエナジーダイレクトのガス料金プラン

CDエナジーダイレクトは「ベーシックガス」「ゆかぽかガス」「はつでんガス」という3つのガス料金プランを用意しています。ただし、ゆかぽすガスはガス温水床暖房向けのプランであり、はつでんガスはエネファーム向けのプランですので、今回は特殊なガス機器を使用しなくても契約可能なベーシックガスのみを紹介します。

ベーシックガス

ベーシックガスはCDエナジーダイレクトの最も基本的なプランで、都市ガスを使える建物であれば誰でも契約できます。ガス温水床暖房やエネファームを使っていないのであれば、ベーシックガスを選択すれば間違いありません。

東京ガスのガス料金プランよりもガス使用量に関わらず安くなる点が特徴です。

ベーシックガスの料金表
1カ月の使用量基本料金基準単位料金
A表20㎥まで735.46円140.76円
B表21~80㎥まで1,022.38円126.42円
C表81~200㎥まで1,193.39円124.28円
D表201~500㎥まで1,833.02円121.08円
E表501~800㎥まで6,100.61円112.54円
F表801㎥以上12,065.05円105.09円

CDエナジーダイレクトについてもっと詳しく知りたい

CDエナジーダイレクトは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。

東京ガスよりお得なガス料金プラン!

CDエナジーダイレクト公式サイト

ENEOS都市ガスのガス料金プラン

ENEOS都市ガスの一般料金向けプランは「標準プラン」と「床暖プラン」の2種類です。床暖プランはガス床暖房を使用している家庭向けの料金プランですので、今回は誰でも契約できる標準プランのみ紹介します。

標準プラン

標準プランはENEOS都市ガスの基本となるプランで、東京ガスエリアで適用されます。基本料金・従量料金共に東京ガスよりも4%お得になる料金設定となっています。

標準プランの料金表
1カ月の使用量基本料金基準単位料金
A表20㎥まで728.64円139.49円
B表21~80㎥まで1,013.76円125.23円
C表81~200㎥まで1,182.72円123.12円
D表201~500㎥まで1,816.32円119.95円
E表501~800㎥まで6,040.32円111.50円
F表801㎥以上11,953.92円104.11円

【CDエナジーダイレクトvsENEOS都市ガス】ガス料金比較表

CDエナジーダイレクトとENEOS都市ガスのガス料金を比較します。様々なガス使用量の場合で料金を比較したので、自分の使用量に近い料金を参考にしてください。

ガス使用量CDエナジーダイレクト
ベーシックガス
ENEOS都市ガス
標準プラン
10㎥2,143円2,123円
20㎥3,550円3,518円
30㎥4,814円4,770円
40㎥6,079円6,022円
50㎥7,343円7,275円
70㎥9,871円9,779円

電気ではCDエナジーダイレクトの方が若干ENEOSでんきよりお得でしたが、ガスについてはガス使用量に関わらずENEOS都市ガスの方がお得であることがわかりました。

ただし、電気同様、数十円程度の差しかありませんのでガス料金もほぼ同じと考えて問題ないでしょう。

関連記事:東京(関東)でおすすめのガス会社は?世帯人数別で安さランキングを紹介!【東京ガスエリア】

ENEOS都市ガスについてもっと詳しく知りたい

ENEOS都市ガスは公式サイト上に申込フォームがありません。問い合わせ窓口から申込内容をオペレーターに伝えることで申込手続きができます。

東京ガスよりお得なガス料金プラン!

ENEOS都市ガス公式サイト

CDエナジーダイレクトとENEOSのセット料金比較

ここまでの内容をまとめると、電気料金はCDエナジーダイレクトが若干安く、ガス料金はENEOS都市ガスがわずかに安いという結果になりました。この情報だけではどちらの会社で契約をまとめる方が安いかわかりません。

またセット契約となるとセット割引や各社のキャンペーン特典も付与される為、それらを加味すると尚更比較が難しくなります。

ここからはそのような疑問を解消する為に、セット割引やキャンペーン特典も踏まえた上でのセット料金を比較していきます。

セット割引・特典は何がある?

まずは両社のセット割引とキャンペーン特典を整理します。

セット割引を比較

セット特典
CDエナジーダイレクト電気・ガス料金から毎月0.5%割引
ENEOSでんき・都市ガスなし

CDエナジーダイレクトは電気・ガスの利用料金から毎月0.5%割り引かれるのに対し、ENEOSでんき・ENEOS都市ガスにはセット割引がありません。その為、セット割引は明らかにCDエナジーダイレクトがお得と言えるでしょう。

キャンペーン特典を比較

2つの会社はそれぞれ独自のキャンペーンを展開しています。中には期間限定のキャンペーンや特定の条件を満たす方にしか適用されないものもあります。

今回は「いつ・誰が申込んでも適用される」という条件を満たしたキャンペーン特典のみを比較します。

キャンペーン特典
CDエナジーダイレクト祝割で人生の節目のお祝いでポイントプレゼント
結婚・出産・新居の購入:3,000円相当
お子様の進学:1,000円相当
誕生日:50円相当(家族1名につき10円ずつ追加)
ENEOSでんき・都市ガス〇ENEOSでんき特典
にねんとくとく割で1~2年目は1kWhあたり0.20円割引
3年目以降になると割引額が0.30円にアップ

CDエナジーダイレクトの祝割は誰にでも毎年訪れる誕生日の50円相当のポイント還元だけをとりあげます。ENEOSでんきは「にねんとくとく割」の割引特典が特殊な条件を満たす必要がない唯一の特典の為、こちらをとりあげます。

今回は料金比較に含みませんが、両社ともポイント還元に力を入れているので、普段からポイントを貯めている方はぜひ各社ホームページでポイント還元について調べてみてください。(例:期間限定で2000円相当のポイントプレゼント等)

【CDエナジーダイレクトvsENEOS】セット料金比較表【世帯人数別】

CDエナジーダイレクトとENEOSでんき・ENEOS都市ガスのセット料金を世帯人数別で比較します。CDエナジーダイレクトは「ベーシック(ファミリー)でんき」「ベーシックガス」、ENEOSは「東京Vプラン」「標準プラン」で契約したと仮定して試算を行います。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、CDエナジーダイレクトのセットプランの方がお得であることがわかりました。もともとの料金プランにはほぼ差がないため、セット割引で差がついています。

しかし合計金額の差額も大きなものではないので、期間限定のキャンペーン等を加味して選ぶことで安い会社が変わる場合もあります。

CDエナジーダイレクトENEOS
電気料金5,214円5,252円
ガス料金3,550円3,518円
セット割引-43円0円
キャンペーン特典(1ヵ月相当)-4円(祝割:誕生日のみ)-24円(にねんとく²割引)
合計金額8,717円8,746円
一人暮らしの平均ガス使用量:20㎥/月・電気使用量:30A・200kwh/月で算出
原料費調整額・燃料費調整額・再エネ賦課金は計算に含まない。

CDエナジーダイレクトについてもっと詳しく知りたい

CDエナジーダイレクトは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。

関東最安値水準のセットプラン!

CDエナジーダイレクト公式サイト

二人暮らしの場合

二人暮らしの場合、ENEOSのセットプランの方がお得であることがわかりました。とはいえ、差額はわずかに9円なので、電気やガスの使用量によっては安い会社がすぐに逆転する可能性があります。

また一人暮らしの場合と同様、期間限定で実施しているキャンペーンの内容によってもCDエナジーダイレクトの方が安くなる場合があります。

CDエナジーダイレクトENEOS
電気料金6,755円6,779円
ガス料金4,814円4,770円
セット割引-57円0円
キャンペーン特典(1ヵ月相当)-4円(祝割:誕生日のみ)-50円
合計金額11,508円11,499円
二人暮らしの平均ガス使用量:30㎥/月・電気使用量:40A・250kwh/月で算出
原料費調整額・燃料費調整額・再エネ賦課金は計算に含まない。

ENEOSについてもっと詳しく知りたい

ENEOSでんき・都市ガスは公式サイト上に申込フォームがありません。問い合わせ窓口から申込内容をオペレーターに伝えることで申込手続きができます。

関東でお得なセットプラン!

ENEOS都市ガス公式サイト

三人暮らしの場合

三人暮らしの場合もENEOSのセットプランの方がお得であることがわかりました。三人暮らし程度のガス・電気使用量であれば、ENEOSの方が電気料金もガス料金もCDエナジーダイレクトより安くなります。

逆にこれ以上、電気使用量が増えるとCDエナジーダイレクトの方がENEOSよりも電気料金が安くなるので注意しましょう。

CDエナジーダイレクトENEOS
電気料金10,666円10,641円
ガス料金6,079円6,022円
セット割引-83円0円
キャンペーン特典(1ヵ月相当)-4円(祝割:誕生日のみ)-80円
合計金額16,658円16,583円
三人暮らしの平均ガス使用量:40㎥/月・電気使用量:40A・400kwh/月で算出
原料費調整額・燃料費調整額・再エネ賦課金は計算に含まない。

ENEOSについてもっと詳しく知りたい

ENEOSでんき・都市ガスは公式サイト上に申込フォームがありません。問い合わせ窓口から申込内容をオペレーターに伝えることで申込手続きができます。

関東でお得なセットプラン!

ENEOS都市ガス公式サイト

四人暮らし以上の場合

四人暮らし以上の場合はCDエナジーダイレクトのセットプランの方がお得であることがわかりました。こちらはわずかな差額となっていますが、電気使用量が増加していくにつれてお得額もどんどん大きくなっていきます。

その為、六人以上の大家族世帯の場合でもCDエナジーダイレクトのセットプランで契約しておけば間違いないでしょう。

CDエナジーダイレクト東京電力
電気料金13,481円13,568円
ガス料金7,343円7,275円
セット割引-104円0円
キャンペーン特典(1ヵ月相当)-4円(祝割:誕生日のみ)-100円
合計金額20,716円20,743円
四人暮らし以上の平均ガス使用量:50㎥/月・電気使用量:50A・500kwh/月で算出
原料費調整額・燃料費調整額・再エネ賦課金は計算に含まない。

CDエナジーダイレクトについてもっと詳しく知りたい

CDエナジーダイレクトは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。

関東最安値水準のセットプラン!

CDエナジーダイレクト公式サイト

結論:セットプランの料金はほぼ同額、期間限定キャンペーンや条件付特典が重要

ここまで、CDエナジーダイレクトとENEOSの料金プランを比較しました。世帯人数別でシミュレーションを行いましたが、「一人暮らし・四人暮らし以上ならCDエナジーダイレクト」「二人・三人暮らしならENEOS」のセットプランが安いことがわかりました。しかし、両社の差額は数十円程度の僅かなものである為、セットプランの料金もほぼ同額と言っていいでしょう。

しかし、契約できるセットプランは1社のみです。ほぼ同料金の2社からどのようにして1社を選べばいいのでしょうか?

答えは「実施中の期間限定キャンペーン」「特定の条件を満たすことで享受できる特典」です。CDエナジーダイレクトは独自の期間限定キャンペーンを定期的に行っています。一方でENEOSは特定のクレジットカードを支払方法に設定することで料金が割引される特典があります。

当サイトの見解としては、ENEOS指定のクレジットカードで支払いができるのであればENEOSのセットプランをおすすめしますが、それができない場合はCDエナジーダイレクトのセットプランでの契約がおすすめです。

またENEOSでんき・都市ガスはいずれもWeb上に申込フォームがありません。申し込む為には問い合わせ窓口からオペレーターに申込内容を伝えることで申込手続きができます。一方でCDエナジーダイレクトはWeb完結で申込手続きが完了するので、申込の手間という点でみるとCDエナジーダイレクトの方が優秀です。

CDエナジーダイレクトについてもっと詳しく知りたい

CDエナジーダイレクトは公式サイトよりWEB完結で申込ができます。

関東最安値水準のセットプラン!

CDエナジーダイレクト公式サイト

CDエナジーダイレクトとENEOSの評判・口コミ

最後にCDエナジーダイレクトとENEOSで実際に契約している利用者の評判・口コミを紹介します。

CDエナジーダイレクト|利用者の口コミ

CDエナジーダイレクトに切り替えしたことで光熱費が安くなった方の口コミです。赤ちゃんがいる世帯はどうしても電気の使用量が増えます。電気使用量が多い家庭でも安心して契約できる電力会社として、CDエナジーダイレクトは選ばれているようです。

東京電力の値上げなどもあり、CDエナジーダイレクトの電気料金の安さが際立っています。ただし、ガスプランについては他の安い事業者を選んでいる方もいるようなので、無理にセット契約する必要はないかもしれません。

ちなみにこちらの方も言っているように関東エリアで最安値のガス料金プランを提供しているのはエルピオ都市ガスです。

ENEOS|利用者の口コミ

電気代が高騰する中、ENEOSでんきの安さに驚いている方の口コミです。この記事でも紹介しているように、ENEOSでんきはかなり割安な料金設定ですが、CDエナジーダイレクトの電気料金の安さには一歩及びません。

こちらの方は電気はCDエナジーダイレクト、都市ガスはENEOS都市ガスで契約しているようです。ガスプランについてはCDエナジーダイレクトよりもENEOS都市ガスの方が安いので、理にかなった契約方法と言えます。両社の長所を生かした契約で、今後もこの形が増える可能性もあります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
CLOSE