エルピオ都市ガスの解約手続き完全ガイド!解約金や解約前に確認すべき注意点について詳しく解説!

都市ガス
当サイトは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

今回はエルピオ都市ガスの解約手続きについて解説します。契約切り替えや引越しでエルピオ都市ガスを解約したい方はぜひ参考にしてください。

15秒でわかる解約手続きの基礎知識

  • 同一住所の契約切替の場合は解約手続きは不要
  • 異なる住所への引越しの場合は解約手続きが必要
    →引越し先住所で新しい電力会社の新規申込が必要
  • 引越し先でもエルピオ都市ガスで契約する場合は解約手続き後、新規申込手続きが必要

解約手続きはこちら

エルピオ都市ガス公式サイト

エルピオ都市ガスを解約する前に確認すべきこと

エルピオ都市ガスを解約する際は、契約内容や解約に必要な情報を予め確認しておくと手続きがスムーズになります。解約手続きをはじめる前に確認しておくべき情報を紹介するので必ず確認しておきましょう。

契約期間の縛り・解約金の有無

エルピオの都市ガスプランは「スタンダードプラン」「床暖プラン」の2種類が存在しますが、どちらのプランも契約期間の縛りはありません。その為、時期を問わず好きな時に安心して解約が可能です。また、解約金や解約手数料も0円なので、解約時に請求されるのはその月に使用したガス料金のみです。

事前に準備しておく情報

エルピオ都市ガスを解約する際には下記の情報が必要となります。

  • 契約者情報(契約者名・電話番号・メールアドレス・住所等)
  • 供給地点特定番号
  • お客様番号・契約番号(契約切り替えの場合のみ)
  • 転居先の住所
  • ガスの使用停止希望日(立ち会い可能な時間帯も併せて)

エルピオ都市ガスを解約する際は、事前に契約をしている住所の供給地点特定番号を調べておく必要があります。供給地点特定番号とは名前の通りガスや電気の使用場所を特定するためにあらかじめ決められた番号のことです。供給地点特定番号が分からない場合は、毎月の検針票の上部にある「お客様番号」が記載された欄の右隣で番号を確認できます。そのため、解約が決まったらあらかじめ供給地点特定番号を控えておきましょう。また、ガスと電気の供給地点特定番号はそれぞれ異なります。ガス供給地点特定番号は17桁、電気供給地点特定番号は22桁となっているので、解約時は番号を混同しないように注意しましょう。

さらに、どの会社でも共通ですが通常ガス契約を解約するにはガスの閉栓作業が必要になります。エルピオ都市ガスの場合は住居の形態によっては閉栓作業の立会いを求められます。その為、供給地点特定番号と同様に解約が決まったら、閉栓作業の日時も決めておきましょう。

解約(閉栓)の申込期限に注意

エルピオ都市ガスの解約では、解約申し込みをしてから閉栓作業を行うまでに数日タイムラグが発生します。さらに、閉栓作業の日程は解約の申し込み時に指定できますが、指定できる日時は契約住所のエリアによっても異なるので注意が必要です。エルピオ都市ガスは京葉エリアと東京ガス、東邦ガス、大阪ガスエリアの4つのエリアでガスの供給を行っています。東京ガス、東邦ガス、大阪ガスのエリアの場合、閉栓作業を指定できるのは最短でも申込日から6営業日以降です。そして京葉エリアの場合は最短で申込日から8営業日以降です。

最短作業日
京葉エリア8営業日以降
東京ガス・東邦ガス・大阪ガスエリア6営業日以降

このようにエルピオ都市ガスは解約の申し込みから実際の閉栓作業に移るまでに1週間程度時間を要します。その為、引越し等の事情で解約する場合は上記の事情も加味して予定を立てておきましょう。また、解約の際はエリアの指定も求められるので契約住所がどのエリアに該当するかも調べておくとスムーズに手続きを進められるでしょう。

住居がオートロック式の場合は立会人が必要

ガスの閉栓作業には住居の形態によって当日立会いが必要な場合があります。閉栓作業の日時は前述したとおり任意の日付を選ぶことができますが、作業時間は供給エリアによって指定できる時間帯が異なります。

各エリアの指定可能な時間帯は下記表の通りです。特に京葉エリアは細かい時間の指定ができないので注意しましょう。また、住んでいるエリアや指定した曜日によっては夕方以降の作業を承っていないことがあるので、当日は基本的に日中在宅している必要もあります。

指定可能な時間帯AMPM
京葉ガスエリア9:00~12:0013:00~17:00
東京ガスエリア9:00~12:0013:00~15:00/15:00~17:00/
17:00~19:00(日祝を除く)
東邦ガスエリア9:00~12:0013:00~15:00/15:00~17:00
大阪ガスエリア9:00~12:0013:00~15:00/15:00~17:00/
17:00~19:00(土日祝を除く)

当日の立会いが難しい場合は、代理人を立てて立ち会うことも可能です。エルピオ都市ガスではガス閉栓の立会いを契約者の配偶者、住居の家主または管理人、その他から指定できます。そのため、場合によっては友人や家族に代理を依頼するのも一つの手段です。ただし、代理人に依頼する場合には代理人の氏名と住所、連絡先の入力が必要です。上記の情報は個人情報なので、依頼する場合はあらかじめ本人に了承を取っておきましょう。

電気の解約は別フォームで行う必要がある

エルピオ都市ガスと電気をセットで契約している場合、都市ガスと電気は別々で解約申し込みをしなければなりません。都市ガスの解約フォームから手続きをしても電気契約が自動的に解約されるわけではないので注意が必要です。

エルピオ都市ガスの電気契約もガスと一緒に解約したい場合は、ガス契約とは別にフォームを設置しているので、そちらのページから解約申し込みを行いましょう。

>電気の解約フォーム

エルピオ都市ガスの解約方法

エルピオ都市ガスの解約手続きは「同一住所で他の電力・ガス会社に契約を切り替える場合」と「現在とは異なる住所に引越しする場合」の2パターンで方法が異なります。

それぞれのパターンにおける解約手続きの流れを解説するので、自分に該当する方法を参考にしてください。

同一住所で他の電力・ガス会社に契約を切り替える場合

同一住所でエルピオ都市ガスから他の会社へ契約を切り替える場合は、切り替え先の電力・ガス会社がエルピオ都市ガスの解約手続きを行う為、契約者はエルピオ都市ガスで解約手続きをする必要はありません。

下記で契約切替時の流れを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

STEP
エルピオ都市ガスのマイページ・検針票・契約書面で現在の契約状況を確認する
  • 契約者の基本情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス)
  • お客様番号(契約番号)
  • 供給地点特定番号

上記情報が契約切替の際に必要となる為、事前に確認しておきましょう。

STEP
切り替え先の電力会社・ガス会社を探す

次に契約を切り替えたい電力会社・ガス会社を探しましょう。既に切り替え先を決めている方はSTEP2は飛ばしていただいて構いません。まだ切り替え先の会社が決まっていない方は下記記事を参考にしてください。

東京(関東)でおすすめのガス会社は?世帯人数別で安さランキングを紹介!【東京ガスエリア】
大阪(関西)でおすすめのガス会社TOP5!世帯人数の安さランキングを紹介!【大阪ガスエリア】
名古屋(中部)でおすすめのガス会社は?世帯人数別で安さランキングを紹介!【東邦ガスエリア】

STEP

切り替え先の電力会社・ガス会社で申込手続きをする

切り替え先の電力会社・ガス会社が決まったら、切り替え先の会社HPから申込手続きをしましょう。申し込み手続きが完了すると、切り替え先の電力・ガス会社がエルピオ都市ガスの解約手続きと自社の申込手続きを同時に行ってくれます。

申込手続きが完了したらエルピオ都市ガスの解約手続きも完了です。契約切替には数か月程度の時間を要するため、気長に契約が切り替わるのを待ちましょう。

現在とは異なる住所に引越しする場合

引越しなどの事情でエルピオ都市ガスを解約する際は公式サイトの専用フォームから解約手続きを行いましょう。引越し先でもエルピオ都市ガスを利用する予定の場合は、一度現住所で解約手続きを行ってから、別途エルピオ都市ガスに再度申込手続きをする必要があります。

下記でエルピオ都市ガスの解約手続きの流れを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

STEP
公式サイトの解約専用フォームへ移動する

エルピオ都市ガスの公式サイトの最下部に、電気やガスなどの各契約ごとの手続き専用フォームへのリンクが記載されています。まずはその中から解約専用フォームを探しましょう。

都市ガスの場合は「都市ガスご解約申込フォーム」、電気の場合は「でんきご解約申込フォーム」と表示されています。それぞれのテキストリンクからもページ遷移が可能です。

STEP
専用フォームに必要情報を入力していく

専用フォームでは契約エリア、契約者の名前や電話番号などをページの案内に従い入力していきましょう。ここで供給地点特定番号等の入力も必要となります。

ガスの場合は閉栓作業希望日も入力する項目が表示されるので、作業時間帯と併せて事前に確認しておきましょう。

電気の場合は最終利用日と停止希望日の入力が必要です。停止希望日の午前0時に電気の供給が停止する為、停止利用日には最終利用日の翌日もしくは翌々日の日程を入力しましょう。

STEP
入力内容を確認後、申し込みを完了する

必要情報を入力後「確認」ボタンを押すと、入力した内容を再確認できるページへ移動します。内容を確認して問題無ければ申込を実行しましょう。この時に入力に漏れがある場合はページ移動が実行されず、エラー項目の下に赤文字で表示が出ます。

STEP
ガスの場合は閉栓作業の立ち会いをする

契約している住宅のガスメーターに辿り着くまでの経路に施錠箇所がある場合、閉栓作業時の立ち会いをもって解約手続きが完了します。解約手続き時に希望すれば、訪問前に作業員から電話連絡をもらうこともできます。

またガスメーターまでの間に施錠箇所が無い場合は立会いの必要はありません。

エルピオ都市ガスの解約でよくある質問

最後にエルピオ都市ガスを解約する際によくある質問に回答します。

ガス解約後、電気を使い続けることはできる?

エルピオ都市ガスの電気契約は、ガスとのセット契約限定のプランのため電気のみの契約は取り扱っていません。ガス契約を先に解約すると同時に電気契約も解約する必要があります。

しかし、ガスを解約したからといって自動的に電気も解約になりません。ガス解約後も電気の解約をしなかった場合はエルピオ都市ガスから解約の案内が来ることがあります。

住んでいる場所のガス供給エリアがわからない

ガス契約を解約する際に、住居のガス供給エリアがどこなのか分からない場合は、エルピオ都市ガスの公式サイトから供給エリアを調べられます。

公式サイトの取り扱いサービスから「都市ガス」のページへ移動し、画面上の項目の中にある「供給エリア」をクリックしましょう。移動先のページから都道府県別に供給エリアを確認できます。

電気の解約手続きをすると何時に電気が使えなくなる?

エルピオ都市ガスの電気を解約する場合、最終利用日と停止希望日をそれぞれ入力します。実際に電気が使えなくなる日程は停止希望日の日付で、停止希望日の午前0時から電気が使えなくなります。

その為、最終利用日の翌日か翌々日に停止希望日を設定することをおすすめします。

関連記事

特集記事

TOP